« 病院あるある | トップページ | 午後2時46分 »

かなりカオスな日

3月9日(土)

午前中は、保育園の説明会である。

認可保育園に全部落ちた、と書いたが、2次募集にも引っかからなかった。

もはやこれまでかと思ったが、認可外保育園のひとつになんとか引っかかった。認可外保育園の中では、第2希望くらいに考えていたところなのだが、先々週くらいに、内定の電話をいただいたのである。

就活の学生の気持ちがよくわかる。

それはさておき、今日は内定者説明会と、面談である。

「保護者は必ず2人で来てください」

という。一人は、説明会に参加する保護者。もう一人は、説明会の間に、子どもを見ている保護者である。

保育園の3階の部屋が、説明会会場で、その下の2階が、もう一人の保護者と子どもたちの控え室である。

全部で10組くらいいただろうか。もともとは園児たちの部屋なので、大人10人、子ども10人が入るととても窮屈である。

「お待ちになっている間、身体測定をしま~す」

部屋の一角に身長と体重をはかる計測器があり、そこで一人一人の子どもの身長と体重をはかるらしい。

そんなの、母子手帳を見ればいいじゃん、と思うのだが、いちおう服を脱がして、虐待の跡がないかとか、調べるんだろう。

呼ばれた順に、子どもの服を脱がせ、身長と体重をはかるのだが、スペースがひどく狭いのである。

0歳児と1歳児がほとんどだから、服を脱がせて、身長と体重をはかろうとすると、当然、ひどく抵抗をして、大声で泣き出す。どの子どもも、もれなくそうである。

「オシッコをしていたら、体重をはかる前におむつを取り替えてください」

娘のおむつを見たら、オシッコをしていたので、おむつを取り替えなければならない。

おむつを取り替えるスペースも、かなり狭く、というか、衆人環視の中で、おむつを取り替えなければならないのである。

部屋の熱気と、一連の作業で、大汗をかいてしまった。

そして、

「ぎゃぁぁぁぁぁ~」

と泣き叫ぶ娘をおさえながら、なんとか身長と体重をはかりおわった。

今度は服を着せなければならない。

泣きわめいた余韻からか、服を着せようとすると暴れまくって、なかなか服が着せられない。

「ぎゃぁぁぁぁぁ~」

大汗をかきながら、なんとか服を着せ終わった。

これが、うちだけではない、ほかのお子さんも、同じように、泣きわめくのである。

説明会は1時間半ほど続き、その間2階のスペースでは、かなりカオスな状況が続いた。

こんな状況が、保育園の中で毎日繰り返されるのか。

(うーむ。保育士さんはたいへんだな)

と思わずにはいられなかった。

午後、今度は、小学校1年生の姪の、ピアノ発表会を聴きに行く。

姪は、ピアノが得意、というわけではなく、短い練習曲のような曲を2曲ほど、演奏することになっていた。

プログラムを見ると、姪が通っているピアノ教室の小学生児童10人くらいが、演奏をするそうである。

ピアノの発表会を聴きに行くなんて、自分が小学校1年生の時にピアノ発表会に出たとき以来ではなかろうか。

僕もまた、姪と同じく、ピアノが得意というわけではなく、どちらかというと練習をサボりがちだった。というか家にピアノなんてなかったから、練習は小さなオルガンで代用していた。

だから満足にピアノ演奏をしたことなどないはずなのだが、ピアノの発表会には出た記憶がある。

あの苦痛な時間をどうやって切り抜けたのか、もはやまったく覚えていない。

姪は、なんとかその時間(時間にして1分もかかっていないと思うが)を、なんとか切り抜けていたようだった。

俺も、あんな感じだったんだろう。

ピアノ発表会というのもまた、小さい子どもたちばかりで、かなりカオスな演奏会である。

完成度の高い演奏会というのは、最初から望むべくもないのだ。

(うーむ。ピアノの先生はたいへんだな)

と思わずにはいられなかった。

|

« 病院あるある | トップページ | 午後2時46分 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 病院あるある | トップページ | 午後2時46分 »