« ガールズバーと焼豚 | トップページ | POISSON D'AVRIL »

根性論

昨日のパーティーについては、「ガールズバー」をキーワードにちょっとふざけた日記を書いてしまいましたが、パーティーのちゃんとした様子については、出版社のOさんのブログに書かれておりますので、そちらを参照のこと。

昨日のパーティーでは、いろいろな人とお話しできたのだが、ひとつだけ紹介すると。

この本の企画で知り合ったMさんは、映画監督である。僕よりもひとまわりくらい若い。

見た目はひょろ長く、ちょっと神経質そうな感じの方なのだが、実は気さくで、かつ気骨に溢れている感じの方である。

ふつうならば、まったく接点のない世界の人なのだが、こうやっていろいろなお話ししているのだから不思議である。

昨年8月に、Mさんの監督した作品が上映されるというので見に行ったのも、こうした縁からである。

Mさんは、この「料理持ち寄りパーティー」に、自らカレーを作って持ってきていた。インド風のカレーである。

食べてみたら、これが実に美味しかった。本格的な味である。

「カレー、美味しいですねえ」

「そうですか、ありがとうございます。ちょっと、適当に作っていて、失敗したんですがね」

「そうなんですか?とてもそうは思えませんでしたが」

「ええ、味自体は、プロの方に教わったものなのですが、ターメリックを鍋にふりかけていたら、瓶の蓋がはずれて、ドバッと入ってしまいまして、そのリカバリーに苦労しました」

「そうでしたか」

カレーと言えば、と、僕は思い出した。

「僕にもカレーを作るのが好きな友人がいましてね。高校時代の友人なんですが。むかし、その友人にカレーの作り方をよく教わったものです」

「高校時代の友人」とは、このブログにもしばしば登場する人物である。

「そのときは、『タマネギを2時間炒めろ!』なんて言われましてね。みじん切りしたタマネギをフライパンの上で焦がさないように2時間も炒めたものです」

「そうですか」

「このカレーも、そうしたんでしょ?」

「いえ、してません」

「してないんですか?」

「ええ、してません。肉を炒めて、そのあとタマネギをサッと炒めたていどです」

「そうなんですか!」

「そもそも、タマネギを2時間炒める必要なんて、ないんですよ。あれは、甘みを出すためでしょう?甘みを出すためなら、タマネギでなくてもいいんです」

「そうですか…」

「タマネギを2時間炒めるなんて、むかしの根性論の世界ですよ」

「根性論…ですか。つまり、運動しているときに水を飲むな、とか、足腰を鍛えるためにウサギ跳びをしろ、とか、ああいう世界のことですね」

「そうです」

「じゃ、じゃ、スパイスはどうですか?スパイスはたくさん入れたでしょう?」

「2種類だけです」

「たった2種類だけですか?」

「ええ」

「で、でも、これもその友人に教わりましたよ。やれコリアンダーだ、クミンだ、カルダモンだ、シナモンだ、ガラムマサラだ、と」

「もちろんスパイスをたくさん入れれば美味しいですけれど、2種類だけでも、十分に美味しいです」

「そうなんですか…」

自分の常識が、ことごとくくつがえされていった。

「高校時代の友人のもとでカレーを作るときなんか、午前中はタマネギ炒めでまるまる時間がとられて、夕方になってやっと完成したんですから」

「まさしくそれが根性論ですよ。このカレー、1時間半くらいで完成しましたもん」

「それでこんなに美味しいんですか!」

「ええ、そんなに時間をかける必要なんてありません」

なんと、目からウロコである。運動の分野のみならず、カレーの分野にも、昭和時代の根性論が蔓延していたとは!

かくして僕は、カレーにおけるタマネギ炒めの呪縛から解き放たれたのである。

|

« ガールズバーと焼豚 | トップページ | POISSON D'AVRIL »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あのう。

焼き豚も、レンジで作れるですけど。

ダッチオーブンの呪縛は解けてないようで。

そんなことはどうでもよく、俺のひょうはひょっとして...

投稿: こぶぎの呪縛 | 2019年4月 1日 (月) 11時21分

「うちの国でファックスが生き残っている理由は、「エントリーシート手書き強要」や「印鑑主義」「エクセル製表組信仰」「パワポ製ポンチ絵信仰」みたいなものと、深いところでつながっている気がする。なんというのか、「手書き信仰」「手間をかけること信仰」だよね」
「つまりまあ「元号」を残存させようとしているメンタリティは、「手書き書類を重視」し「ファックス文書にあたたかみを感」じ、「パワポ制作に命を賭」け、「辞令を受け取る時になぜか頭を下げ」てしまう心情と無縁ではないということですね」(小田嶋隆氏のツイートより)

ひょうは、ツトムさんに先を越されました…。

投稿: onigawaragonzou | 2019年4月 1日 (月) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガールズバーと焼豚 | トップページ | POISSON D'AVRIL »