« サラリーマンあるある、いやあったら困る!アーバンジプシー編(その4・最終回) | トップページ | 本日モ特筆スベキ事ナシ »

同業者祭りの憂鬱

5月26日(日)

まことに忙しい。

本日は、都内の大学で行われる「同業者祭り」で、発表をしなければならない。

この同業者祭りは、年に1度、この時期に大々的に行われる。同業者がざっと1000人は集まるだろうか。日曜日は、各分科会みたいなものに分かれて会合が行われるのだが、僕はそのうちの、ごく小さな分科会で、10分ほど喋ることになったのである。

この同業者祭りに出席するのは、約15年ぶりである。

15年ほど前、この同業者祭りの、比較的大きな分科会で、発表したことがある。そのときは、休憩なしで2時間ほど喋ったのだが、さほど反響のないまま終わった。

僕はこの同業者祭りにどうにもなじめず、その後はまったく顔を出さなくなってしまった。

もう縁がないだろうな、と思っていたら、今年度、同業者祭りの小さな分科会で喋らないか、といわれた。

正確に言えば、僕が直接依頼されたわけではなく、僕の職場の同僚が依頼されたのである。20分ほど喋ってほしい、と。

で、その同僚は僕に、一人で喋るのはアレなので、一緒にその分科会で発表しないかと、声をかけたのである。

「どのくらい喋ればいいんです?」

「私に与えられた時間が20分なので、それを二人で分けるとなると一人10分ですね」

「10分、ですか」

10分であれば、さほど準備しなくてもできそうだ。

それに、あまり注目されない小さな分科会での発表ということなので、気楽に喋ればいいだろう、と思い、引き受けることにした。

さて当日。

お昼前に会場に行くと、みんなが「おまえ誰だ?」みたいな顔で僕を見た。もちろんこれは、被害妄想である。

しかし、あながちこれは、被害妄想ではない。明らかに僕だけ、場違いな人間なのである。

もともとが、同業者祭りのスタッフから直接依頼されたのではなく、うちの同僚が勝手に僕を加えたものだから、同業者祭りのスタッフからしたら、僕は扱いに困る存在なのである。

しかも僕を除くパネラーは、みな知り合い同士で、会が始まる前からすでに話が弾んでいるのだが、僕だけが、なんとなく部外者である。

まあそんな場に出くわすことはこれまでも幾度もあったので、慣れてはいるのだが。

会の開始は、お昼の12時からだった。70人くらいの人が集まっていたと思う。

僕は言われたとおり、用意した話題を10分程度お話ししたのだが、会場の反応はいまひとつだった。

先日、同じ話を別のところでしたときは、けっこうウケていたのだが、今日はお客さんの反応が鈍い。

(そりゃそうだよな。この会場に来ている人たちが期待している内容とは違うものな…)

僕は喋りながらますます落ち込んでいった。

分科会は、発表の後のパネルディスカッションも含めて1時間半の予定が、2時間以上かかって、ようやく終わった。

10分だけ喋って、なおかつお客さんの反応が悪かったということで、なんとも消化不良のまま、会は終了したのであった。

(やはり、うかつに引き受けるんじゃなかったな…)

その後、夕方から同業者祭りの懇親会があり、発表者はタダで参加できますよ、と言われたのだが、やはりこの同業者祭りの雰囲気に全然なじめず、帰ることにしたのだった。

たいした達成感もなく、疲労だけが蓄積した週末であった。

|

« サラリーマンあるある、いやあったら困る!アーバンジプシー編(その4・最終回) | トップページ | 本日モ特筆スベキ事ナシ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サラリーマンあるある、いやあったら困る!アーバンジプシー編(その4・最終回) | トップページ | 本日モ特筆スベキ事ナシ »