« 保護者会・3回目 | トップページ | 誤訳ニ関スル問題 »

カミコウセン

2月13日(木)

昨晩、1歳10カ月の娘をお風呂に入れようとしたら、

「イナナイ!」

と、大泣きして全力で拒否された。「全力で」というのは、床に寝っ転がってテコでも動かない、っていうやつである。

「イナナイ」とは「いらない」という意味で、つまりは「イヤだ」ということである。

なんとか強引に服を脱がせようとするが、断固として拒否している。これ以上強引にコトを進めたら、虐待になってしまう。

日中の保護者会で、だいたいどこの家庭でも、これくらいの時期は「父親のいうことを全力で拒否する」ようだから、仕方がないといえば仕方がない。

だが、妻が仕事の都合で帰りが遅くなるので、妻の帰りを待ってお風呂に入れてもらうには、時間が遅すぎてしまう。

泣き止むまで5分ぐらいほうっておいて、あきらめて

「もう寝るか?」と娘に尋ねたら、

「オクロ入る」

という。「オクロ」とは「お風呂」のことである。

どないやねん!なんという変わり身の早さだ。

「イヤだイヤだ」といいながら、ある瞬間に態度を180度変えるのが、この時期の特徴でもある。

何日か前から、「カミコウセン」という言葉を口にするようになった。

「カミコウセン!カミコウセン!」

「カミコウセン見たい!」

カミコウセン、って何だろう?

『蟹工船』?まさかね。

紙風船のことかな、と思った。家には、もらった紙風船があって、以前はそれでよく遊んでいた。紙風船のほうを指さしてみるが、どうも違うようだ。

妻も、同じ言葉を何度か聞いていたようで、やはり不思議がっていた。「カミコウセン見たい!」って、何だろう?、と。

今日ついに、その意味が判明した。

今朝、娘が「カミコウセンへようこそ!」と言ったらしい。

そこで妻はピンときた。

Eテレの「おかあさんといっしょ」で、たまに「ファミリーコンサート」を放送することがある。うたやたいそうのおにいさん、おねえさんたちが、地方に出向いてコンサートをする模様を放送する回である。

そのとき、うたのおにいさんやおねえさんが最初に言うセリフが、

「ファミリーコンサートへようこそ!」

なのである。

つまり「カミコウセン」=「ファミリーコンサート」なのだ!

そんなもん、わかるか!!!

ただ、よくよく考えれば、理にはかなっている。「カミコウセン」の「カミ」は、「ファミリー」なのだ。

ちょうど「おふろ」が「オクロ」に変化するように、「ファミリー」が「カミ」に変化したのである。いずれもh音(もしくはf音)がk音に変化している。

これを言語学では、「音韻対応の法則」という。

|

« 保護者会・3回目 | トップページ | 誤訳ニ関スル問題 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 保護者会・3回目 | トップページ | 誤訳ニ関スル問題 »