« バックステージ | トップページ | いまさら「君の名は。」 »

マス句

退屈な満員電車に乗りながら考えた。

満員電車で、たくさんの人がマスクをしている。しかもマスクはどれも真っ白で、面白くも何ともない。

あそこに何か文字なり絵なり書いてあれば面白いんだがなあ。

たとえば、マスクに俳句を書いたらどうだろう。

…いや、あの小さなスペースに、575の17文字を書くのは、いかにも窮屈だ。

そこで僕は考えた。全部を書かずに、上五か、中七か、下五のどれかを書けばよいのではないか。

たとえば、上五でいえば、「柿食えば」とか「五月雨を」とか、もちろん先達の句ではなく、オリジナルの上五を作る。

別のマスクには、中七を書く。「鐘が鳴るなり」とか「集めてはやし」とか。これもオリジナルの中七を作る。

さらに別のマスクには、下五を書く。「法隆寺」とか「最上川」とか。

で、そんなマスクをした人が、満員電車にたくさん乗ってるわけよ。

僕はというと、乗客のマスクを見渡して、適当に上五の中七と下五をくっつけて、俳句を作る。季語がないから、俳句というよりも川柳というべきか。もちろん、上五のつもりで書かれた言葉を下五にもってきてもいいし、逆もまた真なり、である。

それを、自分の頭の中だけで楽しむのだ。

こうしてできた句を、「マス句」と呼ぼう。

そうすれば、あの満員電車も、少しは面白くなるんじゃなかろうか。

…ま、不謹慎だと、怒られるだろうな。

|

« バックステージ | トップページ | いまさら「君の名は。」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本一の大規模イベント。人数・密集・換気無なのに毎日参加。
出来上がる川柳が普段以上に皮肉と自虐に満ちたサラリーマン川柳になること間違いない。

投稿: 江戸川 | 2020年3月11日 (水) 08時14分

同い年 派手なドテラは どこで買う

最終夜 藤やんうれしー 配信中

アイズワン 伯山 同時に 千秋楽

震災の エリートパニック コロナでも

こちらでは 実は何にも 起こってない

投稿: こぶぎ宗匠 | 2020年3月11日 (水) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バックステージ | トップページ | いまさら「君の名は。」 »