« 新幹線事情 | トップページ | 寓話・新憲法制定会議 »

パパ、ズボンはいて!

もうすぐ2歳になる娘の最近の口癖は、

「パパ、ズボンはいて!」

である。

お風呂上がりに下着で歩いていると、それをめざとく見つけて、

「パパ、ズボンはいて!」

というのである。そのうち僕は、わざと下着で部屋の中を歩くようになり、

「パパ、ズボンはいて!」

と言わせたりしている。どんなプレイなんだ?

今日のお風呂上がり、娘を寝かしつけようと、娘を抱っこしようとした。

布団に入って素直に寝てくれることはなく、縦抱っこをしないと寝てくれないのだ。で、眠ったころを見はからって、布団に寝かせるのである。

ところが、まだ遊んでいたいというときや、寝たい気分でないときは、抱っこを断固拒否する。もう少し遊ばせろ、ということなのである。

それでもこっちとしては、早く寝かしつけたい。

「抱っこするよ」と、こちらが両手を差し出すと、「やだー」と、断固拒否した。

それでもしつこく、両手を差し出して抱っこしようとするポーズをこちらがすると、ますます拒否反応を示し、逃げ回り、大声で泣き出した。

まるで、こっちが虐待しているかのごとくである。

「抱っこするよ」

ワーン、ワーン、ワーン!!!

「抱っこするよ」

ワーン、ワーン、ワーン!!!

…とにかく本気で大泣きするのである。

そんなに拒否しなくてもいいだろう、と思うのだが、全力で拒絶される。

それでもしつこく抱っこしようとすると、精一杯大声で泣き、

「ワーン、ワーン、パパズボンはいてぇ~、パパズボンはいてぇ~、ワーン、ワーン、パパズボンはいてぇぇぇぇぇ~、パ~パ~、ズ~ボ~ン、は~い~て~、ワーン」

と、力の限り、「パパ、ズボンはいて!」を叫び続けるのだ!

たしかに僕は、お風呂上がりに下着のままである。だが、

「いまそれは関係ないやろ!それをいうなら、『まだねんねしたくない~』やろ!」

と、こっちもついそう言いたくなる。

まだボキャブラリーの少ない娘は、なんとか全力で拒否したいと思い、知っている言葉をありったけ僕に浴びせたのだろう。

「パパ、ズボンはいて!」

と言うと、パパは従順にズボンをはくことを知っていたから、このときも、

「パパ、ズボンはいて!」

と言えば、「まだねんねしたくない」という自分の願望にパパも従順になってくれるだろう、と思っているのではないだろうか。

言葉を武器にしたいが、武器にするボキャブラリーが少ない時期にあらわれる、特異な現象というべきであろう。

…と、パンツ一丁の僕は、そう考察したのであった。

|

« 新幹線事情 | トップページ | 寓話・新憲法制定会議 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新幹線事情 | トップページ | 寓話・新憲法制定会議 »