« いまさら「君の名は。」 | トップページ | 新幹線日帰り出張 »

コロナ大喜利とコロナ川柳

ラジオを聴いていても、話題はコロナウィルスのことばかりである。

いささかうんざりしてきた。「コロナ疲れ」というらしい。

コロナウィルス感染の恐れから、うちの職場でも、人がたくさん集まるような大きな会議は中止となり、メール審議という形に切り替えようとしているのだが、そのための事前の打ち合わせは、結局のところ職場で顔を合わせながらおこなうわけだから、ふだんと変わらないのである。

さらに年度末は、駆け込みでいろいろなナニをアレするために、担当する職員さんは、在宅勤務などできず、職場にはりついていないといけない。

「あ~、せめて軽めのコロナに罹りたい」

と、会議が終わった後に同僚が言っていたが、見えない恐怖に怯えるくらいなら、いっそ軽めのコロナに罹って白黒はっきりつけたい、という気持ちは、よくわかる。

最近は「若者のコロナ離れ」が始まっている、とラジオで言っていたのには、笑ってしまった。

「若者のテレビ離れ」みたいな言い方である。「コロナを捨てて、町に出よう」みたいな。大喜利だねえどうも。

みんな、コロナウィルスに飽き始めているのだろう。

そういえば以前、節電が社会問題となったときに、「節電川柳」というのを考えたことがあったが、さしずめいまなら、「コロナ川柳」であろう。

手洗いを トイレと訳す 厚労省

「今日もまた 1,2週間が 正念場」

みたいな。こぶぎ宗匠にもご登場願いましょう。

ところで、このところのこの国をとりまく状況に対して、ある仮説に行き着いた。

それは、我々が、壮大な「ストックホルム症候群」にかかっているのではないかという仮説である。

だって考えてもご覧なさい。現政権は、消費税を上げたり、コロナウィルス対策を怠ったり、この国の民を徹底的にいじめぬいているのだ。

本来ならば、倒閣運動や政権交代が起こってもいいくらいの状況なのだが、そんなことが起こる気配がまったくない。支持率はそれほど下がらず、むしろ「野党がだらしない」という言説が横行する。だらしないのは与党のほうだぜ。

「一億総ストックホルム症候群」という仮説を立てないと、この現象は説明できないのではないだろうか。

|

« いまさら「君の名は。」 | トップページ | 新幹線日帰り出張 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

襲名披露も一段落して、伯山TVロスと思いきや、新シリーズがスタート。

なんか出てくる地名がみんな地元なんですけど。物騒だなあ。

ま、そんなことはどーでもよい。

講談の次に来るのは、コロナでも川柳でもなく、ずばり浪曲なのだ。

というわけで、鈍行と特急を乗りついて3時間。漫才と浪曲の2人会(実際は3人)に行ってきた。

これがどちらも好きな芸人ばかりで、しかもコロナに負けず、予定通り開催するという。

漫才コンビの方は隣県で活躍していたので、既にライブに行ったことがあるが、

「渋谷らくご」を聴いて、見たくてたまらなかった浪曲師は初ライブ参戦。というか、浪曲自体が初めてだ。

そうしたらなんと、同郷のよしみなのか、これまた私めが大好きな落語家の新作落語を、浪曲バージョンで唸るではないか。

しかも入場時には、今やどこにもない「マスク」を1枚もらえるというお土産つき(ここにあったのか)。

トンボ返りで3時間かけて帰ってきたが、「食いねえ食いねえ」と言われなくても、うまい寿司はだいふく、いや、たらふく食べてきたので、今は、焼き豆腐のチーズフォンデュが作りたくて仕方ない。

なあ、ジョニー。

投稿: 玉川こぶぎ | 2020年3月14日 (土) 21時34分

伯山襲名披露パーティーでも余興をやっていましたね。

それにしてもこぶぎさんは相変わらずフットワークが軽い。もうあの鈍行に乗り続けるスタミナはないなあ…と思ったけれど、考えてみたらいま通勤で2時間半かけているから、たいして変わらないか。

投稿: onigawaragonzou | 2020年3月15日 (日) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いまさら「君の名は。」 | トップページ | 新幹線日帰り出張 »