« オンラインライブ | トップページ | 豆腐屋の思索 »

伏線だらけの人生

6月9日(火)

出勤前から憂鬱である。

コロナ禍による不測の事態により、いろいろとトラブルが起きる。

で僕は、それらのトラブルを、なんとか収めなければならない係。

午前中は2つの気の重い案件があり、なんとか収めなければならない。

この頭、どうせたいした頭ではないのだから、必要とあらばいつでも下げる用意がある。頭を下げて解決するものなら、いくらだって頭を下げるぞ、という思いを強くした。

それはともかく、1つめの重い案件が解決した後、2つめの案件に取りかかる。

こちらの方は、具体的な解決策は結局見つかりそうにないのだが、その職員さんは、僕に愚痴をこぼしているうちに、心が少し軽くなったらしい。

今年度から、うちの職場に異動になった人で、初めてお会いする職員さんである。話を聞いているうちに雑談になった。

僕が「前の職場」の話をすると、その職員さんの「前の職場」の上司が、僕の「前の職場」から異動してきた人だったという。

「僕の知っている人かも知れませんね。何て言う名前です?」

「Mさんです」

「Mさん!知ってますよ!」

久しぶりにMさんの名前を聞いた。

「前の職場」にいた頃、僕はある部局にしょっちゅう出入りしていたのだが、職員のMさんも、けっこうそこに出入りしていて、何度かお茶を飲みながら雑談を交わしたことがある。僕と同い年くらいで、とても有能な職員さんだった。職場結婚をして、たしか新婚早々に、Mさんはその職員さんの「前の職場」に異動してしまい、それからずっと週末は新幹線で地元に戻る、という生活だったんじゃなかったかな。

そんな記憶を話すと、「その通りです」とその職員さんが言った。「とても有能な方なので、地元には帰してもらえず、いまは別の勤務地に転出されました」

「そうだったんですか…」

「それにしても、Mさんを知っている方がこの職場にいらっしゃったとは、驚きです」そこで警戒心が解けたのか、その職員さんのお喋りに拍車がかかった。

結局、問題は何一つ解決していないのだが、ふだんたまっている愚痴を吐き出してすっきりしたようだった。

それにしても僕は、相変わらず引きが強い。

「袖すり合うも多生の縁」。どんな出会いも、無駄な出会いなんてないのだな。まさか「前の職場」のMさんと少しばかり雑談を交わしたことが、いまの職場に生きてくるとは、思ってもみなかった。

そう考えると、人生は伏線だらけだ。

|

« オンラインライブ | トップページ | 豆腐屋の思索 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンラインライブ | トップページ | 豆腐屋の思索 »