« 2歳の地獄 | トップページ | 小見出し »

4つの会議とイベント準備

9月15日(火)

毎週火曜日は、会議日である。とくに第三火曜日は、重要な会議の日である。

午前中に1本、午後に2つの会議と1つの打ち合わせ。つまり午前10時から午後5時過ぎまで、お昼休みを除いて会議漬けだったのである。

その合間にも、さまざまな案件が押し寄せてくる。そのたびに判断を迫られたり、調整を迫られたりする。まったくこの世は針の筵である。

3つの会議のあとに行われた打ち合わせでは、社長を含めた数名によるざっくばらんな意見交換がおこなわれる。

「本当はこういう話は、ビールでも飲みながらやるといいんですけどね」

と、打ち合わせに参加した同僚の1人が言った。

じょ、冗談じゃない。俺はその種の飲み会が苦手なのだ。できればこの種の打ち合わせも、勤務時間中にしらふでやっていただきたい。

不謹慎な言い方かもしれないが、コロナ禍になってほとんど唯一よかったことは、この種の仕事上の飲み会がなくなったということだ。

いや、平時においても、ここ最近は飲み会に極力出ないことにしていたのだが、コロナ禍となり、飲み会に出ないことに後ろめたさを感じる必要がなくなったのは、精神衛生上にもよい。

打ち合わせが終わったのが5時過ぎで、さあそれから、来月16日(火)に始まるイベントの準備である。

目下のところ、順調に遅れております。

イベントのカタログは、今週中に校了になる見込みだが(それも不安)、イベント会場に設置するパネルの原稿が、圧倒的に遅れている。

見かねて、自分の担当以外の箇所のパネルも校正することになったのだが、後ろに行けば行くほど、入稿が遅れている。

「これ、初校ですか?」

「ええ」

「僕が担当している最初のほうは、もう3校ですよ?」

「ええ。でも後ろのほうはまだまだなんです。まだ入稿していない原稿もあります」

「ええぇぇぇっ!!!???」

言われてみれば、最後のほうのパネルの校正はまだ来ていない。つまりいまだにイベントの全貌がわからないのだ。

校正をやりますよ、とひきうけたものの、自分と関係のない担当の、しかも初校を見るというのは、かなりたいへんである。これが2校や3校だったら、一つ前の校正と照らし合わせればよいのだが、初校は、元のデータにいちいちあたらなければならない。ま、あたりまえのことだが。

4つの会議を終えたあとなので、もうほとんど頭が働いていないのだが、最後の力を振り絞って校正に集中する。

気がついたら3時間以上も過ぎていた。

「すみません。もうさすがに帰らなければいけないので」

と担当の職員さん。途中になってしまったが、おおかたの校正は終わったので、あとはイベント代表者にお任せすることにして、僕もひきあげることにした。

もうヘトヘトだが、最後は、家に帰るという大仕事が待っている。なにしろ車で2時間以上もかかるのだ。

今日の教訓は、いくら仕事で疲れても、帰りの体力を残しておかないといけない、ということである。

|

« 2歳の地獄 | トップページ | 小見出し »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2歳の地獄 | トップページ | 小見出し »