« 悪戦苦闘を拝察する | トップページ | 苦手な質問 »

脱おむつへの道

2月8日(月)

もうすぐ3歳になる娘に対する最大の関心事は、「いつからおむつが必要なくなるか?」である。

これがなかなか難しい。

ところが昨日の日曜日に、同じマンションに住む義妹の家に娘が遊びに行ったときに、なんとトイレでうんちができたというのである!

これまで「しまじろう」のDVDを見ながら、トイレのイメージトレーニングをしていたから、その甲斐があったのだろうか?

そして翌月曜日。

夕方、保育園から帰った娘は、いきなり

「うんちでる~」

と言い出した。

これはチャンスだ!と思い、急いでトイレに連れて行き、便座に座らせた。

「出るの?」

「でる~」

娘は、思いっきり息んだ顔で「う~ん」と唸るのだが、うんともすんとも言わない。

「本当に出るの?」

「ほんとうにでる~」

僕は娘の手を握りしめて、

「がんばれ~」

と応援しながら、僕もいっしょに息んで見せた。するとこっちが出そうになる。

娘は僕の顔を見ながら、僕と同じ顔で息んでいるのだが、やはり出ない。

あきらめて、お風呂に入ることにした。

お風呂に出てから夕食を食べていると、娘が突然、椅子の上に立ち上がって震え出した。

「どうしたの?…まさか、うんち出るの?」

「うんちでる~」

慌てて椅子から降ろして、トイレの前まで行っておむつを下ろすと、すでにお尻から半分以上、うんちが出ているではないか!

もうあと少しで、うんちはお尻から床に落ちてしまうぞ!そうなると大惨事である。

慌てて便器に座らせたとたん、

ポチャッ!

とうんちが落ちた音がした。

やれやれ、間一髪で大惨事を免れた。

ところでこれは、2回目の成功と数えていいのだろうか?

|

« 悪戦苦闘を拝察する | トップページ | 苦手な質問 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪戦苦闘を拝察する | トップページ | 苦手な質問 »