« 知の巨人、からの「清張ボタン」 | トップページ | あの手この手 »

末は三山ひろしか

6月25日(金)

無事に金曜日にたどり着いた。

今日は職場で、構成員を対象にした勉強会を企画し、僕が司会をつとめた。自由参加だったので、呼びかけてもほとんど集まらないのではないかと、はじまる前は不安だったが、最終的には20人ほど集まり、思った以上に有意義な意見交換がおこなわれた2時間だった。

「アシタノカレッジ金曜日」のゲストは、演歌歌手の三山ひろしさん。僕はこの人のことを、紅白歌合戦の時に見るくらいで、その人となりを全然知らなかったのだが、いやあ、抜群のトーク力で、おもしろかった。

武田砂鉄氏が三山ひろしファンということもあり、三山ひろし情報をかなり仕入れていて、三山ひろしの魅力をたっぷりと引き出していた。たとえていえば、武田砂鉄氏があらゆる角度から投げたボールを、三山ひろしが全部ホームランで返す感じで、聞いていて気持ちのよい対談だった。TBSラジオでレギュラーを持つんじゃないだろうか。というかラジオ局はこの人のトーク力を手放してはいけない。

対談の中で、三山ひろしは、「3歳のときに五木ひろしの歌を歌って、みんなに驚かれた。それが演歌歌手を目指す原点となった」みたいなことを語っていて、思わず笑ってしまった。

というのも、うちの娘はいま3歳3か月。いま娘が歌っている歌は、小林旭の「熱き心に」と森進一の「冬のリヴィエラ」だからである!

なぜこの歌をいま歌っているのか?

少し前にNHKで放送された「うたコン」という歌謡番組で、大滝詠一特集をやっていたときに、娘が大滝詠一のうたにどハマりしたのである!

このとき、「熱き心に」を歌っている小林旭と「冬のリヴィエラ」を歌っている森進一の映像がメドレーで流れていて、娘はそれを完コピしたのである。

「熱き心に 時よもどれ♪」

とか、

「冬のリヴィエラ~ 男ってヤツは♪」

といった歌詞を、ちょっとものまねを入れながら堂々と歌い上げるのだ。

今日の夕方、保育園に迎えに行った妻によると、娘は帰り道の信号待ちをしているときなんかに、「熱き心に 時よもどれ♪」「冬のリヴィエラ~ 男ってヤツは♪」と大声で歌っていて、恥ずかしかったと言っていた。

いやあ、たしかに恥ずかしいなあ、とその時は思ったが、三山ひろしが3歳のときに五木ひろしを歌っていたというエピソードが、人生を決定づけた特別なエピソードであるかのように語っているのを聴いて、

(うちの娘だって負けないぞ。こっちは小林旭と森進一だ!)

と、意を強くしたのである。

|

« 知の巨人、からの「清張ボタン」 | トップページ | あの手この手 »

育児」カテゴリの記事

コメント

ナウなヤングがみんな聞いているのは安室奈美恵とTBSラジオ公式Youtubeチャンネル!

『アシタノカレッジ』武田砂鉄×三山ひろし
https://youtu.be/rpHNYBbixEM

投稿: 🐢 | 2021年6月26日 (土) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知の巨人、からの「清張ボタン」 | トップページ | あの手この手 »