« 海辺の検査センター | トップページ | 長靴を履いた日 »

末はいとうあさこか

末は三山ひろしか

6月30日(水)

3歳3か月になるうちの娘は一時期、映画「アナと雪の女王」をくり返し見ていて、「ありのままで~♪」を朗々と歌い上げていた。

いつしか自分自身をエルサにたとえるようになった。そしてママにはアナ、パパには…オラフの役柄を与えた。クリストフではなく、雪だるまのオラフである。

先日、娘が美容院に髪を切りに行ったとき、美容師さんに「エルサみたいにして」とお願いした。もともと髪が短い娘は、長い髪のエルサになれるはずはないのだが。

で、短くサッパリした髪を鏡で見て、娘は「オラフみたい…」と言ったのである。

そのことを翌日、保育園に登園したときに、短くなった髪を見せながら、保育士の先生に言ったらしい。

「エルサにしてって言ったら、オラフになっちゃった!」

これが保育士の先生たちの間でひどくウケたようで、今日、夕方に保育園に娘を迎えに行ったら、通りかかった保育士さんが娘を見て、思い出し笑いをしながら、その話題を出した。

かくして娘にとって、これがテッパンの自虐ネタとなった。

「エルサにしてって言ったら、オラフになっちゃったよ!」

っていう自虐ネタ、いとうあさこが言いそうじゃない?ちゃんとネタを見たことがないからイメージだけで言ってるけど。

お笑いの才能もあるんじゃないだろうか。

|

« 海辺の検査センター | トップページ | 長靴を履いた日 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海辺の検査センター | トップページ | 長靴を履いた日 »