« フラットになる境地 | トップページ | ヘビーリスナーとは、口が裂けても言えない »

ひそかな誇り

8月15日(日)

先月に取材を受けた番組が今日、放送された。

1時間半の特番だったが、僕は3時間半以上にわたって取材を受けたにもかかわらず、実際に流れたのは、例によって数十秒であった。

まあそれは予想していたことだったので別にかまわないのだが、何よりも気になったのは、テレビに映った、具合の悪そうな僕の顔である。

その週の水曜日に退院したばかりで、取材を受けたのが日曜日。今回はいつも以上に、退院後も体調がキツかったこともあり、そのしんどさが画面にも映っていたようだ。…といっても、たぶんそんなことは他の人は気づかず、気にしているのは僕だけかもしれない。

番組の内容についてはふれないことにして、個人的に感慨深かったのが、番組の全体を貫くメインテーマの曲として、あの音楽家の、あの曲が採用されていたことである。僕は中学生の頃からの大ファンなので、間接的であるにせよ、僕はその音楽家と同じ番組の中で共演できたということであり、それはまるで夢が叶ったような瞬間である。

番組の内容とその曲のメッセージ性が、いかにも「ベタ」な感じがするという意見もあるのかもしれないが、そんなの関係ねえ!僕にとっては、僕が喋っている背後にその曲が流れていることが、一ファンとして重要なのである。

もう一つ感慨深かったのが、ナレーションである。いまやナレーションや朗読といえばこの人、というアナウンサーによる、贅沢なナレーションである。

他人にとってはどうでもいいことであるが、僕にとっては、それがひそかな誇りである。

|

« フラットになる境地 | トップページ | ヘビーリスナーとは、口が裂けても言えない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フラットになる境地 | トップページ | ヘビーリスナーとは、口が裂けても言えない »