« 小田嶋さんのいないたまむすび | トップページ | ベイビー・ブローカー »

汗だく取材2時間半

6月28日(火)

先週だったか、あるローカルテレビ局から、取材依頼のメールが来た。

取材内容は、昨年の夏に、キー局で放送された内容と、ほぼ同じである。

あまりはっきりとは言えないが…二番煎じなんじゃないの?という考えが頭をよぎった。

しかしまあ、この依頼はお断りするわけにはいかない。しかもこのテーマにゆかりの深い地元のテレビ局からの依頼である。

そして今日がその取材日であった。

ディレクターは、思っていたよりもかなり若い方だった。もう一人は、カメラマン。二人組の取材クルーである。

昨年の、キー局の取材クルーはディレクター、レポーター、カメラ、カメラアシスタントの4人体制だった。

カメラ機材が重そうである。

「暑い中ご苦労様です」外は猛暑日の気温である。「車で来られたのですか?」

「いえ、新幹線と在来線とタクシーを乗り継いで来ました」

なんと!ローカル局ゆえか、スタッフの人数といい、交通手段といい、予算を切り詰めているのだな。

さっそく撮影場所に移動する。

「この場所、見たことあります」とディレクター。

そりゃあそうだろう。昨年のキー局が取材に訪れた場所と同じなんだから。

撮影場所となる部屋は、冷房が効いているのだが、セッティングをしているうちに、汗が止めどなく流れてきた。

そういえば、前回の取材の時も、汗だくだった。

「では撮影を始めます」

カメラに撮られながら喋っている僕の顔には、大粒の汗がダラダラと流れている。もしこの場面が使われたら、視聴者は、

「この人、なんで大汗かいてるんだろう?」

と、僕の話している内容なんぞ、頭に入ってこないに違いない。そう考えはじめると、ますます汗が噴き出してくる。

あ、そういえば昨年の取材の時も、喋りながら同じことを考えていたのだった

昨年の場合は、結局それが取り越し苦労で、数十秒しか使われなかったこともあり、噴き出す汗にうまく気づかれないように編集されていた。

今回もうまく編集してくれるだろう、とは思うのだが、そもそもこれが、どれくらいの長さの、どんな枠の番組なのか、よくわかっていない。

若いディレクターは、まだ若いゆえなのか、明確なディレクションがある様子もなく、僕も、どのようにふるまっていいのか、よくわからない。しかも、そのディレクターも僕も、基本的に饒舌ではないので、しばしば沈黙が続く。カメラマンの方がむしろ、気を利かして指示を出してくれたりする。

しかし、そんなことはどうでもよく、若きディレクターが誠実な人柄に思えたことだけで十分だった。

あとは、編集でなんとかしてくれるだろう。

こうして、2時間半におよぶ取材が終わった。

「ところで、これ、なんの番組なんです?」僕は最後にたずねた。

「ローカル局が持ち回りで制作して、キー局が深夜に放送するドキュメンタリー番組がよくあるでしょう?」

「ああ、ありますね」

「その枠で放送される予定です」

「そうですか?」

僕はてっきり、夕方のローカルニュースのワンコーナーで放送されるものとばかり思っていた。

…ということは、全国で放送されるのだろうか?

「8月の上旬ぐらいに放送する予定です。放送日が決まりましたらまたお知らせします」

「わかりました」

ドキュメンタリー番組ならば、もっとちゃんとカメラ映りとかを気にしておけばよかった。

細かい字が見えなくて、メガネを上に持ち上げるしぐさを、カメラの前で2,3度してしまったが、まさか、その場面が使われることはないだろうな。

僕は大汗よりも、そのことのほうが心配になった。

|

« 小田嶋さんのいないたまむすび | トップページ | ベイビー・ブローカー »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田嶋さんのいないたまむすび | トップページ | ベイビー・ブローカー »