« 前々々夜祭の町 | トップページ | 小児科クリニック始末 »

あのときの洋食屋さん

7月15日(金)

今週も、よくぞ、よくぞ「アシタノカレッジ金曜日」のアフタートークまでたどり着きました!

「3年ぶりにお祭りが行われる町」で、朝から用務である。

ホテルを出て、地下鉄に乗って北に向かい、用務先に到着したのは午前10時少し前だった。

今回の用務は、僕のほかに2人の男性が参加する。というより、もともとその2人の男性の作業に僕もくっついてきただけである。用務先で対応してくれた女性を含めると、合計4人が、夕方までその建物の中で作業をすることになっていた。

さて、昼食休憩の時のことである。

用務先には学生がたくさんいるので、学生のお昼休みの時間とずらして、昼食休憩を取ることにした。午後1時過ぎのことである。

建物の外に出て、4人で近くの飲食店に入ることにする。

「ここでいいですか?」

と、用務先の女性の方が選んだのは、小さな洋食屋さんだった。

最大で15名くらいしか入れないような、昔ながらの洋食屋さん、といった感じである。店内では、おばちゃん1人が給仕をしている。

僕はこの洋食屋さんに入った瞬間、既視感を覚えた。

(前にいちど、来たことがあったかな…)

お店の中の雰囲気といい、給仕をしているおばちゃんといい、なんとなく見覚えがあるのだ。このあたりには、以前、といっても10年以上前になるが、何度か来たことがあったので、この洋食屋さんに入ったことがあるのかもしれない。だが確信は持てない。

4人席のテーブルに座り、メニューを見る。なんとなくメニューにも見覚えがある。

「どれにしますか?」

僕は「チキンカツ」定食にし、ほかの3人は「チキングリエ」定食にきめた。

「すみませ~ん、チキンカツ1つと、チキングリエ3つください」

とおばちゃんに言うと、そのおばちゃんは、

「えーっと、…女性の方は何を注文されました?」

と聞いてきた。

4人のうちの1人の女性が、

「チキングリエです」

と答えると、

「じゃあ、チキングリエの1つは、ご飯を少なめに盛りますね」

と、さも当然のように言った。

僕はこの瞬間、この洋食屋の思い出が、まざまざと甦ってきた。たしかに僕は、以前にこの店に来たことがある、と!

正確に言えば、僕と妻が、この店に入ったのである。

もう10年以上前のことになるかもしれない。

このあたりを歩いていて、お昼になったので、どこか食堂に入ろうということになり、小さな洋食屋さんに入った。

何を注文したかは覚えていないのだが、たしかそのときも、給仕をしていたおばちゃんが、妻が注文した品を確認し、

「ご飯を少なめに盛りますね」

と言って、実際に運ばれてきたご飯が、僕よりも明らかに少ない量だったのである。

これに、妻は激怒した。

「なんで女性だからって、ご飯を少なめに盛るの?それでいて値段が変わらないってどういうこと!?これって、女性が明らかに損してるよね!!!」

たしかにそうだ。妻はふだんから僕と同じ量を食べるのだ。なぜ、女性だからと言って、ご飯を少なめにされなければならないのか?

「だいたい、あのおばちゃん、せわしなく動いているように見えて、ぜんぜん手際がよくないじゃない!!」

と、怒りの矛先がおばちゃんに向かっていたことも思い出した。

そうだ、ここがあのときの洋食屋さんだ!!!そして、あのときのおばちゃんだ!!!

ボンヤリとした記憶が、鮮明に甦ったのである。

何より、10年以上経ったいまも、あいかわらず「女性だからご飯を少なめに盛る」という習慣を続けていたことが驚きである。

家に帰ってから、この話を妻にしてみた。

「ずっと前にさあ、あの町で洋食屋さんに入ったこと、覚えていない?」

「さあ」

給仕をしていたおばちゃんが、女性に対して「ご飯を少なめに盛りますね」と言って、実際に少なめに盛って出してきたんだよ、というと、

「思い出した!」

と、突然「思い出し怒り」がこみ上げて来たようだった。

折しも巷のニュースでは、この国の2022年のジェンダーギャップ指数は、146カ国中116位、主要7カ国(G7)の中で最下位だと伝えていた。

もはや先進国とは言えないね。

ただフォローしておくと、「洋食は美味しかった」ということと、「おばちゃんが変わらず元気に働いていた」ことは、申し添えておきたい。

|

« 前々々夜祭の町 | トップページ | 小児科クリニック始末 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

やーやー、源氏め、よくぞここまで来たおうじ。

おおー、おのれ平家め。

ちゃんちゃん

ばらばら

こんちきちん

ちゃんちゃん

ばらばら

こんちきちん

なんだか擬音まつりだが、

これで合うたに、違いあるまい。

投稿: 🐢🍽️ | 2022年7月16日 (土) 16時34分

ウォー・ウォー(ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」風に)
https://www.youtube.com/shorts/ZJMfOJ_8v2w

料理人は、注文した人を見て料理を決めるものである。

ごはんをたくさん食べたければ、客としてもそれなりの努力が必要なのである。

先日訪れた「かっぱの宿」のご主人も、客を見てから出す料理を決めるタイプであった。

従って、わたくしめのように、

①予約の段階から「どうしても泊まりたかった」とアピールし、
②到着してから「ここのご飯がおいしいと聞きました」と答え、
③おかずを並べたかっぱの主人の「食材あてクイズ」に正答し(「行者ニンニク」を言い当てた時は、我ながら驚いた)、
④おかずの写真を撮る理由を聞かれて「この宿のご飯がおいしいと教えてくれた同僚に自慢するため」と、ここまで言えば、

食卓一杯のおかずにおひつご飯(茶碗4杯分)、そして「客を見てから出すのを決めた」後出しのトンカツが追加されて、もお動けなくなるほど腹一杯になれるのである。

まあ、どうしても腹の虫がおさまらない場合は、法務法人ハンバダにお相談を。

というか「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」を見始めたら、ごはん半分にしてもいいから見続けたくなると思いますので、ぜひ奥様におすすめを。
https://youtu.be/f6X66CW9XGc

投稿: 🐢🐳⚖️ | 2022年7月16日 (土) 21時26分

こぶぎさん、大正解です!

投稿: onigawaragonzou | 2022年7月16日 (土) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前々々夜祭の町 | トップページ | 小児科クリニック始末 »