« ある授業の思い出 | トップページ | まだ週の前半 »

不安な説明会

7月22日(金)

今週も、よくぞ、よくぞ「アシタノカレッジ金曜日」のアフタートークまでたどり着きました!

今週は落ち込むことがあったが、まあくよくよ悩んでもどうなるものではないので、そのときになったら考えよう。

それよりも今日は、午前に1つ会議、午後に1つの会議と1つの研修会がある。ほとんど休みがない。

そればかりか、午後の会議というのは、僕が責任者となる来年のイベントの社内向け説明会である。同僚の目が光っているので、いいかげんな説明はできない。社内メンバーから総スカンを食らわないように、周到に準備をしたつもりなのだが、どうにも自信がない。

会議の司会者に、

「説明は1時間でおさめてくださいよ。そのあと30分が質疑ですから」

と言われたので、

「わかりました。2時までですね。おそらく1時間もかからないと思います」

と答えた。

会議室が配信会場となるオンライン形式の会議である。会議室の前方には大きなスクリーンがある。僕のほかに、関係スタッフ4名ほどがおり、それぞれ、パソコンを持ち込んでいる。

午後1時開始。僕も自分のパソコンを持ち込み、Zoomのマイクをミュートにして、会議室のマイクに向かって喋った。その音を拾って、画面の向こうの各自に音声が届くようになっている。

先日の、使い慣れないオンライン会議システムとは異なり、Zoomなので、今回は楽勝だな。

…と思ったら、全然そうじゃなかった。

僕が喋ろうとすると、ハウリングを起こすのである。

Zoomのマイクをオフにしていることを何度も確認しているのに、ハウリングがやまない。一緒にいたスタッフも慌てだした。

画面の向こうにいる同僚のひとりが、たまりかねて、

「そこにいる全員の人のZoomのマイクがオフになっていますか!」

と何度も確認してくるのだが、同じ部屋にいる全員のマイクが、オフになっている。

それでもハウリングがやまないのはどういうことか?

「スピーカーもですよ!」

と言われて、初めて気づいた。僕のパソコンのスピーカーがミュートになっていなかったので、それが原因でハウリングを起こしていたのである。

パソコンのスピーカーをミュートにしたら、あら不思議、それまでの不快なハウリングがすっかり消えて、音声がじつにクリアになった。

この間、7分程度。1時間のうち、7分も無駄にしてしまった。

そこで初めて気づく。オンライン会議システムがどんなに使い慣れたものでも、「ヒューマンエラー」によるトラブルはつきものなのだと。

気を取り直して、説明を開始した。

説明資料の4分の1まで終了した時点で、

「説明終了予定の2時まで、あと10分です」

という紙がまわってきた。

えええぇぇぇ!まだ4分の1までしか話してないよ!!

そのメモを見て急に焦ってしまい、残りのスライドは駆け足になり、なんとか予定より10分延びて終了した。

そのあとの質問はほとんど出ず、予定よりも5分早く説明会が終了した。

僕の説明は伝わったのだろうか?それともあまりにアレで呆れて何も言う気にならなかったのか、よくわからない。まあ気にしても仕方ない。

しかし、よくよく考えてみると、予定より7分遅れで始まったのだから、「予定より10分延びた」と言うことは、実質3分しか延びていないと言うことである。

しかも質疑がほとんど出ず、5分早く終了したんだったら、あと5分よけいに喋ることができた。

どうせなら、もう少し予定の時間をオーバーして喋ればよかったと悔やまれた。というか、僕が準備したパワポのスライドをきっちり説明するとなると、1時間半くらいは必要になる計算になる。ショート(予定の時間よりも短く終わること)が大の苦手の僕は、どうやらまたスライドを作りすぎてしまったようである。

結論。オンライン会議システムは、どれもあまり変わらない。使う人間のほうの問題なのだ。

|

« ある授業の思い出 | トップページ | まだ週の前半 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある授業の思い出 | トップページ | まだ週の前半 »