« ブオン | トップページ | たいこムーン »

ふとした病

8月29日(月)

まだ身体は本調子とはいえないのだが、今日から活動再開である。

難しいのは、この2週間ばかり、セルフ監禁だの、秘境探検などをしてきたことについて、職場や仕事の関係者にどの程度まで言っていいのか、ということである。

いちおう、職場では、個人情報保護の観点から、名前は明かさないことになっている。あらぬ誹謗中傷を受けないようにするためだという。

一方で、タレントなどは平気で公表しているが、その違いは何なのだろう。

また、仮に職場では名前を明かさないとはいっても、実際、職場の担当係には正直に連絡しているのだから、実際には職場にある程度広まっている可能性もある。

実際に仕事上、迷惑をかけてしまう人が多かったりするので、この「空白の2週間」について、どのように説明してよいのか困ってしまう。

ひとつ考えたのは、

「エキノコックスという病気に罹りまして、この2週間ほど療養していました」

という理由なのだが、万が一、本気でとらえられてしまうと、それはそれでやっかいだな、と思う。

じゃあ、明らかに冗談だとわかる「うどんこ病」とか「かっぱん病」とかにしようかとも考えたが、おそらく、そういう問題ではないだろうと思い直す。

立川談志がよく使った「ふとした病」にしようかと思ったが、すでに何年も前にサザンオールスターズの桑田佳祐が、病気から復帰して紅白歌合戦に出演したときに、「ふとした病に罹りまして…」と、明らかに立川談志へのオマージュととれる挨拶をしていたので、このパターンも使えない。というか、そもそも「ふとした病」が立川談志のジョークだということは、おそらくだれも気づかないだろう。事情を何も知らない人からしたら、「ふとした病」って何だ?と、よけいにさまざまな憶測を呼びさますことになりかねない。

結局、どうしても事情を説明する必要がある人に対しては、

「流行病(はやりやまい)に罹りまして…」

と説明したのだが、これだけですでに丸わかりである。

そんなことで気に病むので、はやりやまいには罹らない方がよい。

|

« ブオン | トップページ | たいこムーン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブオン | トップページ | たいこムーン »