« 続・血管が世界一出ない人 | トップページ | 往復1000キロのオムライス »

解説5時間、550㎞移動

4月14日(金)

一昨日、ちょっと愚痴めいたことをこぼしてしまったが、結論から言えば、今日は充実した一日だった。

退院した翌日の早朝に家を出て、午前中に職場に着いた。

だれもいないのではないかと心配したが、5~6名くらいの参加者が来ていた。

「10時からよろしく」と丸投げされて、その5~6名のお客さんを引き連れてイベント会場に向かう。

その5~6名のお客さんは、たいへん食いつきがよい人ばかりで、説明していくうちに、みなさんどんどんのめり込んでいった。

その様子を見ていて、こちらも興が乗り、さらに説明をヒートアップしていく。

結局、12時までの2時間、みっちりと解説をした。僕の拙い解説を2時間飽きずに聴いていただいたことに感謝した。

さあ、午後1時からは上司の身内の方とその部下の方への説明である。

上司からは、「解説は1時間くらいでええよ」と言われたのだが、身内の方も部下のお二人も、「とても楽しみにしておりました!」と先制攻撃。そうなるとこっちも負けていられない。

午前中のお客さん5~6人も食いつきがよかったが、午後のお客さん3人はさらに食いつきがよい。僕はますます興が乗って、まさに立て板に水、次々と説明しているうちに、なんとあっという間に3時間になった。

3人のお客さんは、「あっという間の3時間でした」と感激されていた。

ここで初めて気づく。このイベントは、3時間標準の解説が必要なのだと。つまり映画にたとえるなら、3時間の映画なのだ。

しかし3時間の解説というのは、いままでの最長記録である。

…ということで、今日は終始立ちっぱなしで合計5時間の解説をしたことになる。退院翌日の病人のすることか???

その後少し仕事を済ませて、新幹線に乗って西に向かう。明日は、職場から550㎞以上離れた町で、イベントの関連イベントがおこなわれ、そこに登壇することになっているのだ。

クドいようだけど、退院翌日の病人のする仕事ぶりではないよね。

|

« 続・血管が世界一出ない人 | トップページ | 往復1000キロのオムライス »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・血管が世界一出ない人 | トップページ | 往復1000キロのオムライス »