« 日帰り出張 | トップページ | 短くて長い旅の途上・その2 »

短くて長い旅の途上

7月15日(土)

朝の7時半に家を出て、バスに乗り空港に向かう。

3年半ぶりの韓国出張なので、何かあっちゃいけねえと、少し早めに出たのである。

しかしいつものことだが、搭乗の2時間以上前にチェックインしているのに、すぐに時間が経ってしまうように感じるのはなぜだろう。

12時25分に離陸した飛行機が韓国の空港に着陸したのは14時45分頃。

さあここからが大変。

飛行機を降りて、ゆっくり歩きながら入国審査のところに向かうと、大変なことになっていた。

今までに見たことのないような長蛇の列である。

どういうこっちゃ?

牛歩戦術というのか、ジグザグ行進というのか、とにかく大人気のアトラクションの列に並ぶのならまだしも、たかが入国審査のために、1時間以上も並んでしまったぞ!

時計を見たら16時過ぎ。この時点でもうヘトヘトである。

このあと、空港鉄道に乗りソウルまで行き、ソウルからはKTXに乗って地方の中核都市の駅に向かう。そこで仲間が待っていてくれて、そこから車に乗ってさらに別の地方都市まで向かうのだ。

「ソウルに14時45分に着くのだったら、待ち合わせの駅には17時くらいに着くでしょう。そのくらいの時間に待っています」

と言われていたのだが、どう考えても17時に目的の駅に着きそうにない。というか、ソウル駅に着いたのが17時少し前である。

そこから空港に乗って、ソウルに着いて、KTXの切符を買おうとするが、席が空いているのは30分後に出発するKTXである。

仕方ない、思って諦め、出発の時間が近づいたので駅に入場すると、大変なことになっていた。

今までに見たことのないくらいの多くの人々が、つくだ煮みてえに密集している。ホームを降りるどころではない。というか自分が乗るKTXが何番線に到着するのかすらわからないので、どのホームに降りたらいいかがそもそもわからない。

アナウンスを注意深く聴くと、どうやら大雨のために鉄道が遅延しているようなのである。

これはあとで知ったのだが、この日、韓国全土は災害級の豪雨が各地で被害をもたらしたらしい。在来線はすべて運休したようである。

エラいときに来てしまった!

飛行機から降りてそのまま地下の空港鉄道に乗ったので、外の様子がまるでわからなかったのである。

それでも、乗る予定のKTXは20分程遅れて、18時少し前に出発できた。

しかしそこからがまた大変で、時折ゆっくりと走行するものだから、遅延の時間はどんどん延びていく。最終的には、本来の到着時間よりも40分ほど遅れて、19時20分過ぎに目的の駅に到着した。

仲間はホームで待ってくれていて、僕の一方の荷物を持ちながら、

「行きましょう。ここから宿泊場所までは50分かかりますので」

「50分!!!???」

僕はびっくりした。30分くらいで着くのかなと漠然と想像していたからである。

しかも高速道路を時速100キロで走行して50分である。こんなに遠かったっけ?

ホテルに着いたのは、20時15分頃。ホテルで待っていたほかの仲間たちは、さぞ待ちくたびれたことだろう。

だって順調にいけば、18時には夕食をとることができたはずなのだから。しかし実際に夕食にありつけたのは、20時30分だった。

久しぶりの韓国さんには、うちのめされたねえ。

|

« 日帰り出張 | トップページ | 短くて長い旅の途上・その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日帰り出張 | トップページ | 短くて長い旅の途上・その2 »