« すべての粉もんはオカズ | トップページ | 暑くて長い旅 »

晴れて「ひとり合宿」

8月2日(水)

「ひとり合宿」は、2週間の延期を経て、無事に実現した。

この2週間は散々だった。2週間前、僕はひどい夏風邪を発症し、週を越えても熱は下がらず、咳が止まらなかった。ようやく熱が下がってきたかなと思ったころ、今度は妻がひどい咳とひどい頭痛に悩まされた。元気なのは5歳の娘だけである。

妻は朝に起き上がれないほどの頭痛で苦しみ、それが夕方6時になるとピタッと治まる。それが数日間続くのである。「まるで奇病のようだ」と言っていた。

処方された薬もあまり効かない。最後の手段として、ふだんから肩凝りのひどい妻だから、それが頭痛に影響しているのだろうと仮説を立て、ピップエレキバンを首元に貼った。そして念のため、昼夜つけっぱなしの冷房も、設定温度を2度ほど上げた。

すると、その翌朝、つまり今日のことだが、朝起きると嘘のように頭痛が消えていたのである。はたしてピップエレキバンが効いたのか、冷房の設定温度を2度上げたことが功を奏したのか。

いまも、発熱や咳などの症状が出ると、診療所は身構える。「感染症外来」の時間に来てくださいと言われる。当然と言えば当然なのだが、コロナ禍の前のように、ちょっと風邪をひいたからといって、スナック感覚で診療所にはもはや行けなくなった。つまり健康でないと通院もできないし、入院もできないのである。「文珍師匠の小噺」がまさか現実になるとはねえ、というのが、この間の感想である。

というわけで僕は、なんとか夏風邪が回復したので、晴れて「ひとり合宿」が2週間遅れで実施されることになった。まったく、一難去ってまた一難である。

「はじめまして」と、新人らしき看護師さんが日勤の担当だった。「18回目なんですってね。ほかの看護師はみんなすっかりおなじみだと言ってました」

「そうですか。僕も、地元に帰ってきた心持ちです」

「ところで、血管が…」

「それも聞きましたか。僕は血管が出ないことでこの病院では有名なのです。みなさん、注射針をさすときは身構えるんですよ」

「ええ、聞きました。でも血管を探して注射針をさすのは夜勤の看護師なので、私はその苦労をせずにすみそうです」

「それはよかった」

さて、その夜勤の看護師さんは、前回と同じ看護師さんで、苦労しながらも、血管を見つけ出して注射針をさしたのであった。

|

« すべての粉もんはオカズ | トップページ | 暑くて長い旅 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

かむさはだ せむ え ぼむ おーぷんきゃんぺす さじん る ちゃじゃぱっそよ。

くんで、さむぱる(三八)まいく が かうんで さっすにか、

ちゃんよ へっすん はくせんどぅる い こっ かむさはだ せむ らん まんざい へや はじゃな

らご いへ す いっすにか、

く すおぷ い のむ むそうぉよ。

投稿: 🐢🎙 | 2023年8月 6日 (日) 00時41分

だまらーちゅうもーく!

本日、超無敵な応援団の番組が再び放映された!(そうだー)

なんと前回カットされた校歌もオンエアされている特別編である!(そうだー)

校歌は1番と3番の歌詞を混ぜて編集されているから、よいこのみなさんは気をつけて覚えてほしい(そうだ―)

既にTVerで見逃し配信が始まったから、あと一週間、寝る前に毎晩見て号泣するぞ!(そうだー)

投稿: 🐢😭 | 2023年8月 6日 (日) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すべての粉もんはオカズ | トップページ | 暑くて長い旅 »