« アロハの街 | トップページ | 1勝1敗 »

グループLINEの憂鬱

11月2日(木)

うちの保育園は、もともと保護者会があった。

それがコロナ禍に入り、会費を払うばっかりで、保護者会の役割が薄れてきたということで、解体することになった。いまから思えば、この保護者会を残しておくべきだったかも知れない。

保護者会がなくなって落ち着いたかというと、決してそんなことはなかった。「保護者会がなくなると、行事がなくなって子どもたちがかわいそうだから」といって、代わりに有志が立ち上がったのである。

その有志、というのが、つまりはお祭り好きな人たちで、子どもに寂しい思いはさせたくない、という名目で、いろいろな行事を企画するようになった。そしてそのためのグループLINEを作ったのである。

このグループLINEというのが、なぜかママ友だけに限られているというのは、以前に書いたことがある。つまり父親はすっかり蚊帳の外になったのだ。

たまに、妻からグループLINEをみせてもらったりすると、ちょっと具合の悪くなるくらい頻繁なやりとりがおこなわれている。しかもそのメッセージの大半は絵文字で、実際の文字よりも絵文字のほうが多いのではないかというくらいちりばめられていて、僕は吐き気を催すほどである。あれは、文字ばかりだと圧が強いから、絵文字で薄めているんだろうな。おかげで、何が言いたいのかさっぱりわからない内容になる。

自分だけは悪者になりたくないとみんなが思うものだから、メッセージ一つ一つがほとんど中身のない、同調圧力のカタマリのような内容になる。

卒園アルバムの件で僕がひどい目に遭ったということは、前に書いたが、今度は、ハロウィンパーティーをするという計画がグループLINEにまわってきたらしい。それが明日、11月3日の祝日におこなわれるというのだが、もう、ハロウィン、終わってるじゃん!

ハロウィンの段取りは、なぜかテキパキと決まっていく。曰く、午前中は、ママ連中が昼食の準備をしたりゲームの準備をしたりして、その間、パパ連中は子どもたちを公園で遊ばせておき、その見張りをする。そして昼食後は、ゲームとかお菓子を子どもたちに提供したりして、夕方は2次会、と、こういう段取りのようである。何なのこの性別役割分担!?これひとつだけでムカムカする。

「みんなで楽しみましょー!(絵文字)」と書いてあるのだが、おいおい!一日仕事かよ!

保護者会があったころもハロウィンパーティーはおこなわれていたのだが、あくまでゲームをちょっとやって子どもにお菓子あげる、という簡易なもので、ハロウィンの衣装も、仮装が好きな人はそれなりの仮装をしたり、場合によってはふつうの格好でやってくる子どもも多かった。つまりなるべく負担が少ないように、簡易にすませていたのである。

だが保護者会がなくなると、たがが一気に外れた。ママ友有志たちは、子どもが仮装することは前提で、さらにメイクもするというのだ。どろ~んとした目玉もつけるなんて言ってる。めんどくせえ!!

それに加えて、まる一日拘束されるというのだから、たまったものではない。

いちばん気になったのは、前回のバーベキューの時もそうだったが、昼間っからビールだシャンパンだワインだと、大人がお酒を持ち込むことを大歓迎していることである。

保護者会主催の時は、子どもたちの手前、禁酒・禁煙だったものが、いまや無法者の集まりと化したのだ。

本当に子どものためにする行事だったら、絶対に禁酒・禁煙にしなければいけないのだ。つまりこれって、子どもをダシにした、完全な親のエゴだよね!

子どもにしてみたら、お友だちが集まっているのだから参加したいと思わないはずがない。その気持ちを思うと、参加しない、という選択肢も親のエゴになってしまうので、僕は苦しい判断を迫られることになる。

苦肉の策で、前後に予定があるという理由で、午前の昼食までの時間と、夕方以降の時間は参加をせず、メインの、すなわちゲームをしたり子どもたちにお菓子を配ったりする時間のみ、参加することにした。

さて、もう一つ気になったのは、このハロウィンパーティーの段取りが、いつの間にかテキパキと決まった、ということである。

通常の手続きであれば、グループLINEのみんなに呼びかけて意見を聞くはずなのだと思うが、今回の場合は決定事項のみが通達される。これはつまり、グループLINEのほかにもう一つ、コアメンバーによるグループLINEが存在していることを意味するのではないか。

ま、どうでもいいことなんだが、社会の縮図だなあとつくづく感じさせられる。

ママ友とかパパ友って、必要なの?

僕は、「人はむやみに出会ってはいけない」という大林宣彦監督の教えを胸に抱いて生きているので、この年齢になってバカ騒ぎをする友だちなんぞ持ちたくないのだ。

さて、明日(11月3日)は、ハロウィンパーティーを中座して、夕方からもう一つ行事がある。それは高校のクラス会である。

担任の恩師に会いたいという理由だけで参加することにしたのだが、僕はイヤな予感がしている。

高校のクラスの有志たちでグループLINEは、野球の話題で持ちきりである。

なんといっても、阪神が日本シリーズで、しかも日本一に大手がかかっているというのだ。っていうか、「日本一」って、何?

これも以前に書いたが、高校の時、阪神タイガースが日本一になって(だから「日本一」って何?)、阪神タイガースのファンという理由だけで散々馬鹿にされていたK君の形勢が逆転し、マウントを取り始めたことがある。

で、グループLINE上では、そのときのどうでもいいやりとりが、再現されているのである。

またあのどうでもいいやりとりが交わされるのかよ!野球にまったく興味のない僕には、めんどうな話である。

明日のクラス会でもプロ野球の話題で持ちきりなんだろうな。

ええ、もちろん明日は一日中「ピクニックフェイス」で過ごしますよ。しかしせめてその前に、愚痴を言っておきたかった。宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど。

|

« アロハの街 | トップページ | 1勝1敗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アロハの街 | トップページ | 1勝1敗 »