« 事件解説 | トップページ | 100均セリアの超極細付箋 »

ふるさと納税はじめました

そういえば、ふるさと納税をはじめました。

今年から、なぜか家族がふるさと納税を始めて、かなりの熱の入れようである。

で、僕にも、「ふるさと納税をするように」とくり返し言うのだ。

いまさらふるさと納税?と思わなくもないが、ふるさと納税といえば、それを代行するアプリのことがテレビでずいぶんと宣伝していたことを思い出し、「とりあえずふるさと納税のアプリを入れよう」ということにした。

思い付くだけでも、2つのアプリがある。1つは、東京を拠点とする3人組のコントグループがCMに出演しているアプリで、もう1つは、元横綱がCMに出演しているアプリである。

これはどう考えても前者だろう、と思い、前者のアプリをダウンロードすることにした。実際のところ、どちらのアプリが優れているのかはわからないのだが、やっぱりCMのイメージって、大事だね。もっとも僕は、東京を拠点とする3人組のコントグループの熱烈なファンだからという理由に過ぎず、元横綱の方には他意はない。

アプリを入れただけで満足していると、

「ふるさと納税した?」

と、ことあるごとに家族から確認される。そうこうしているうちに、家族は、やれ海産物だ、やれ洗濯洗剤だと、次々と「返礼品」が贈られてくる。洗濯洗剤が返礼品、ってどういうことだよ、と思うのだが、ほんとうに必要なものなのでありがたいといえばありがたい。

「早くふるさと納税しないと!」

と急かされ、ではそろそろと思い、アプリを開くと、なんというか、結婚式でもらう「ギフトカタログ」みたいで、どれにしていいか迷う。

でもせっかくだから、基準を設けることにした。

いままでまったくゆかりのない自治体ではなく、以前に住んでいたりとか、よくおとずれたりとかした自治体に、お礼の意味を込めて寄付をしようという縛りをもうけた。

どんなにほしい商品があっても、自分とゆかりのない自治体だったら優先度はかなり低くなるというわけである。

試みに、以前住んでいた自治体が「ワケありリンゴ10㎏」を返礼品としていたので、それを目当てに寄付することにした。アプリに導かれるがままに手続きをしたのだが、うまくいったのかどうかはわからない。

ふるさと納税って、どのようにするのが正解なんだろう?

|

« 事件解説 | トップページ | 100均セリアの超極細付箋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふるさと納税の「正解」はこれだ!

スヨンも喜ぶ
 「幸せな着ぐるみ工場」がつくるオリジナル着ぐるみ(エアタイプ1体)4,132,000 円

なぜか食べさせたい
 宮廷料理 天平の宴ペア食事券 80,000 円

運気を上げよう
 演芸文字で書きます。招木看板&木札ストラップ 14,000 円

スヨンとおそろい
 大人用ランドセル(グリーン、ネイビー、ブラック) 290,000円

大林ファンなら
 映画『花筐/HANAGATAMI』聖地巡礼ガイドツアー 15,000 円

ラジオDJへの道
 ウルトラFMオリジナル10分番組10回放送&制作費付き・CD 1,100,000 円

マンホールが好きっ!
 【ゲゲゲの鬼太郎】調布市デザインマンホール蓋 800,000 円

のこりわずかです
 むかわ竜等身大全身骨格化石レプリカ(標準仕様)限定1体! 80,000,000 円

備えあれば憂いなし
 防災核シェルター 27,000,000 円

投稿: 🐢💴 | 2023年12月13日 (水) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事件解説 | トップページ | 100均セリアの超極細付箋 »