« 韓国出張準備 | トップページ | 国際会議・1日目 »

毎度のミステリーツアー

1月22日(月)

無事に韓国に到着した。まる一日の移動でほとほと疲れた。

朝、在来線と私鉄特急を乗り継いで、成田空港に到着。そこから飛行機に乗り釜山空港に着いたときは、すでに16時近くになっていた。

出口を出たところで知り合いが待ち構えていて、そこから車に乗ってひたすら走り続けること1時間半、目的の場所に到着した。途中、山と海が織りなす景観に目を奪われ、いったいどこに連れていかれるのだろうと不安になる。

アテンドしてくれた知り合いに、

「(国際会議の)会場となるホテルには行ったことがあるのですか?」

と聞いてみたところ、

「いえ、行ったことがありません。今日が初めてです」

という。主催者側の1人のはずなのだが、どういう会場なのかまったく情報がないらしい。

「まるでミステリーツアーですね」

「そうですね。私たちも何も知らされていませんから」

カーナビの通りに走って行くと、会場とおぼしきホテルの建物が見えた。

「え?あれですか?」

賢明な読者諸賢は、「国際会議」の会場と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるだろうか。

僕は、広い宴会場を会議の会場として使って、朝・昼・晩はそのホテルで食事をする、だから会議中はホテルから一歩も外に出ない、といったイメージを抱いていた。

しかしホテルの前に着いて、驚いた。

「おんぼろじゃないですか!」

どうひいき目に見ても、国際会議をやるようなホテルではない。

「前日入りしたスタッフから聞いたところによると、客室のドアが開かないとか、シャワーのお湯が出ない、といった部屋があるそうです」

「…」

「ですので、それぞれの客室に行きましたら、ドアが開くかどうか、シャワーのお湯が出るかどうかを確認してください」

「わかりました」

「ではこのあと貸し切りバスに乗って夕食に行きますので、15分後に1階のロビーに集合してください」

15分後???いま着いたばかりだぞ。

「あのう、ホテルの外で食べるのですか?」

「ええ。ホテルでは朝食のみで、昼食と夕食はバス移動して外に出て食べます」

うーむ、めんどくさい。40人以上はいる参加者が、いちいち大型バスに乗って食事の場所まで移動しなければならないのだ。

自分の泊まる部屋のドアが開くことを確認し、部屋に入ってシャワーのお湯が出ることを確認して、荷物を整理していたら、あっという間に15分が経っていた。

急いで1階のロビーに行くと、僕が一番最後だったようで、最後にバスに乗り込むと、すでに大型バスは参加者でいっぱいだった。

「どこへ行くんでしょうか?」主催者側の知り合いに尋ねると、

「さあ、私にもわかりません」

主催者側のスタッフの中にもわかっていない人が多い。こりゃあ正真正銘のミステリーツアーだ。

バスで数分だけ移動して着いたお店は、地元で人気の定食屋さんだった。しかも決して広いお店というわけではない。

ひとつのテーブルに4人が座る形になっていて、韓国の「庶民の味」が次々と出てくる。それ自体は嫌いではないのだが、40人以上がぎゅうぎゅうになりながら、ふつうの食事をしただけだった。

時間になり、お店を出て大型バスに乗り込んでホテルに戻る。

僕は不安になって聞いた。

「あのう…会議は明日から2日間ですよね?」

「そうです」

「会議の資料というのは、前もっていただけるものなのでしょうか?それとも明日の朝にならないともらえないのでしょうか?」

会議がどんなスケジュールになっているのか、どんな話題が出るのか、まったくわからないのだ。

「いや、大丈夫だと思いますよ。会議資料はすでに会議場においてあると思いますので、ホテルに着いたら会議場の場所の確認をしがてら、資料集を前もってお渡しします」

ホテルに着くなり、さっそく僕を含めた4人ほどが会議場に向かう。ホテルの別館の6階にあるという。

行ってみて驚いた。

狭っ!!!

「この部屋に40人以上が座るのでしょうか?」

「そうです

「学校の教室よりも狭いですね」

「確かにギッチギチですね」

主催者側の知り合いも初めて会議場の狭さを知り、驚いていた。

「でも、部屋の3面はガラス張りで、オーシャンビューがのぞめますね」

「たしかに風光明媚な場所ということだけはわかりました」

「しかし実際は会議が始まったらスクリーンを使ったりするので、カーテンは閉めてしまうのでしょう?」

「そうですね。…あまり意味がありませんね」

どうして、ここで国際会議をやることになったのだろう?いまのところ合理的な理由が見つからないのだが、僕は招かれた側なので、文句は言えない。

僕はこの2日間で、自分の責めを塞ぐことに徹するのみである。

|

« 韓国出張準備 | トップページ | 国際会議・1日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

せっかくのオーシャンビューも大雪が降っていて残念。南の海だからとナメてはいけない。

わたくしめといえば、インスタグラマー・デビューに続き、とうとうキューレーター・デビューも果たして、「前の前の職場」で企画展を開催中。

展示が開幕してからも、キャプション修正にマスコミ対応に日常業務もと、正官庄の高麗人参ドリンク2パックを飲んでも記憶が飛ぶくらいに忙しい。

グムサタン先生曰く「展示は始まってからが本番だ」とは金言なり。

では、ご無事で。

投稿: 亀📰 | 2024年1月23日 (火) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国出張準備 | トップページ | 国際会議・1日目 »