« 手ぶらの日帰り出張 | トップページ | とんだデジタル化社会 »

検査ウィーク

2月1日(木)

今週は月曜日に人間ドック、水曜日に、自宅から車で1時間以上かかる総合病院で検査、木曜日は都内のクリニックで検査だった。

月曜日の人間ドックは、こんなに身体がボロボロなのに、細かい問題がいくつかあるがまあ大丈夫でしょうという結論が出た。僕がふだんから言う、「人間ドック=節穴論」は今年も証明された。

水曜日の病院では、おもに薬の副作用についての検査である。血液検査の結果、身体の一部の機能が低下していることがわかり、その機能を戻すことを促す薬が処方された。その機能が低下すると、激しい倦怠感や無気力、記憶力の低下、足取りが重くなり動作が緩慢になるといった症状が出るというのだが、ここ最近の僕はまさにそれらの症状に悩まされているから、原因はやはり薬の副作用によるものだということがわかった。さっそく薬を服用し始めたが、昨日の今日ではなかなか解消されない。

そして木曜日の検査が一番憂鬱だった。3カ月に1回の検査の結果、「また新たな問題が出ましたね」と言われると、そのたびに2泊3日の「ひとり合宿」を余儀なくされる。入院それ自体もたいへんだが、なるべく仕事に迷惑をかけないように入院の日程を調整することもまた憂鬱な作業である。「そろそろこの治療法はあなたの身体にとって限界ですよ」とも主治医に言われており、やがて手の打ちようのないフェーズに移行するのだろうと思うと、これもまた憂鬱である。

朝一で都内のクリニックに行き、30分ほどの検査を受ける。そのあとが、主治医の先生による診察である。

検査が終わって診察室の前で待機していると、僕の名前が呼ばれた。主治医の先生は険しい表情をしている。

(今回も「ひとり合宿」決定か…。それよりなにより、この治療法が限界に来ているのだろうか…)

と不安になり診察室に入ると、

「鬼瓦さん、薬を変えましたか?」

「ええ」

「なるほど。今回は新しい問題が生じなかったんですよ」

「ほんとですか?」

僕はビックリした。この4,5年ほど、3カ月に1回の検査では必ず「新しい問題」が生じ、そのたびに2泊3日の「ひとり合宿」をしていたのだ。つまり年に4回くり返していた。そんじょそこらの治療法とは異なるので、その費用もバカ高いのだ。

「『ひとり合宿』の必要はありません。次回はまた2か月半後に検査しましょう」

「やはり薬を変えたことがよかったんでしょうか」

「そうかもしれません。私も知らない新しい薬なので、後で調べてみます。また2か月半後に検査に来ていただいて、その時も同様の結果になったら、薬のおかげだと言うべきでしょうね」

「ひとり合宿」を免れたというだけで、晴れて自由の身になった気持ちになる。だがまだ油断はできない。執行猶予みたいなものだ。

足取り軽く帰りたかったのだが、薬の副作用のせいで、心とは裏腹に肉体的な足取りはひどく重かった。

|

« 手ぶらの日帰り出張 | トップページ | とんだデジタル化社会 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手ぶらの日帰り出張 | トップページ | とんだデジタル化社会 »