« 皮膚科憂鬱 | トップページ | 悲しきタコ公園 »

ピアノ教室

4月20日(土)

毎週土曜日、娘はピアノ教室に通っている。しかし本人はあまり乗り気ではないらしく、ピアノの練習はしたがらないし、ピアノ教室にも行きたくないと駄々をこねることが多い。もともとわが家にはピアノがなく、同じマンションに住む義妹親子のところにあるピアノを借りて練習している。そんなこともあり、ピアノを練習するにもひと手間かかるのである。

妻が出張で不在のときには私が娘をピアノ教室に連れていくのだが、最近はピアノの練習をほとんどしないままピアノ教室にのぞむことが多い。小学生になって環境が変わり、学童やら第二学童やらに行って毎日ヘトヘトになっているのを見ると無理もないのだが、それでも親からすればなんとかピアノを続けてもらわないと困る。

それでなくても最近は練習量が少ないとピアノの先生に指摘されていたので、なんとか義妹親子の家にあるピアノをお借りして練習させようとしたのだが、練習しようとしない。さすがの私も頭に来て叱ったのだが、気がつくと、自分が言われたら絶対にイヤだろうなという「チクチク言葉」を平気で使ってしまい、言われるのがイヤな叱り方と自分でわかっていて、どうしてそんな叱り方をしてしまうのだろうと、自分自身に絶望した。

無理に練習させることは諦めて、ピアノ教室に向かった。時間になってピアノの先生があらわれると、「すみません。今週も練習不足で…」とあらかじめ言い訳をしてしまった。ピアノの先生はおそらくそんな生徒とこれまで数多く接していただろうから、そうしたことには慣れた様子で、「いいですよ。さ、中に入って練習しましょう」と練習室に娘をうながした。僕は練習室の外で待っていた。

練習時間が終わり、娘が出てきた。ピアノの先生は、「小学校に入って環境が変わりましたからね。いまはそちらの方についていくので精一杯なのでしょう」と言ってくれて、僕もつい調子に乗り、「毎日朝から晩まで新しい環境で過ごすことになったので、ヘトヘトみたいです。スランプなのでしょうか」と言い訳をした。するとピアノの先生は「そういう時期もありますよ」と言ってくれて、少し救われた気がした。

帰ってから、実家の母にその話をすると、「あなたと同じね」と言われた。「あなたも練習をちっともしていなかったじゃないの」と。

僕はすっかり忘れていたが、母はそのことを鮮明に覚えていた。

僕は、ちょうど娘の年齢と同じころ、やはりピアノ教室に通っていた。最初は近所のピアノ教室に通っていたのだが、習っていたピアノの先生がそのピアノ教室を辞めるというので、僕は駄々をこねて、そのピアノの先生の自宅まで行ってピアノを習うことにした。そのピアノの先生というのは、おそらく音大の学生だったと思う。マンションの一室にグランドピアノがあったことは覚えている。

電車とバスを乗り継いで、かなり遠いところまで通ったことは記憶している。母は降りたバス停の名前を「桜橋」だとはっきりと覚えていた。

「でも平日は仕事だったでしょう?」

「その頃は水曜日がお休みだったのよ」

つまり母の仕事がお休みの水曜日に通っていたわけだ。

「でも、あなた、家で全然練習しないで、その先生のマンションに行って、ピアノなんかほとんど習わずに、先生の本棚にあった「熊のパディントン」の本をその次の週まで借りて帰ってきて、すぐに読んじゃったんだから。まったく、ピアノの練習に行ったんだか本を借りに行ったんだかわからなかったわよ」

そのあとほどなくして、僕はピアノをやめてしまった。それが小学2年生のとき。

なんだ、いまの娘と同じじゃないか。それにしても、僕はまったく記憶になかったのだが、母は、ピアノの先生が住んでいたところのバス停の名前、通っていた曜日、借りた本のタイトルなどをいまでも鮮明に覚えていた。僕が忘れていたことを、母が覚えていてくれたのである。

おそらく娘もそうなるだろう。

|

« 皮膚科憂鬱 | トップページ | 悲しきタコ公園 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皮膚科憂鬱 | トップページ | 悲しきタコ公園 »