« オーバーツーリズムにもほどがある | トップページ | 運動会 »

パーフェクト・プレミアムフライデー

5月31日(金)

今週は、というより今週もほんとキツかった。

山の上のお寺の用務が終わった翌日の30日、つまり昨日は、午前から夕方にかけて都内で用務をこなした。例によって夕方になると倦怠感と両足の痛みが襲い、一歩一歩前に踏み出すだけで苦痛だった。

そして今日。

午前に打合せ、午後に会議と勉強会、そして夕方は、ちょっと神経を使う「オンライン話し合い」があった。

今週は、この最後の「オンライン話し合い」が最大の山場であることはずっと前からわかっていた。すべてはこのオンライン話し合いに備えてコンディションをととのえてきたといってもよい。

薄氷を踏む思いでこの話し合いにのぞんだ。聞き方を一歩間違えると取り返しがつかなくなるかもしれない、というプレッシャーのもと、ナイフを首元に突きつけられた状態で私が司会をした、というのは、いささか大げさかもしれない。まあ自分にとってはそれくらいの覚悟で臨まなければならなかったのだ。

1時間半におよぶ話し合いは、とくに決裂したり破綻したりすることなく、ひとまず無事に終わった。もちろんこれですべてが終わったわけではなく、これからも神経を使う対応が求められ続ける。

しかしとりあえずこの場を乗り越えたことで、極度の緊張とプレッシャーから一時的に解放された。そしてまた倦怠感が訪れる。

しかしそんなことは他人から見たら些細なことに過ぎない。自分はもっと苦労しているのだ、お前なんて気楽なものだ、どうせはサボる口実を探しているのだろうといわれれば、返す言葉もない。

今日はプレミアムフライデー、しかも月の最終日が金曜日になることは、そうめったにあることではない。パーフェクト・プレミアムフライデーである。

|

« オーバーツーリズムにもほどがある | トップページ | 運動会 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーバーツーリズムにもほどがある | トップページ | 運動会 »