« 気安く頼まれる人 | トップページ | パーフェクト・プレミアムフライデー »

オーバーツーリズムにもほどがある

5月29日(水)

昨晩は、新幹線で2時間半かかる駅で降り、そこから地下鉄に乗りかえて、夜9時過ぎに目的の宿泊先に着いた。

今日は朝から山の上のお寺で用務がある。

つい最近、宿泊している場所から山の上のお寺まで路線バスが開通したというので、それを利用することにした。

すでに先行して現地している同僚から、

「路線バスは、平日でも混雑していますので注意してください」

とメールが来た。その同僚はその用務先には何度となく通っているので、そのへんの事情に詳しい。

「わかりました。早め早めの行動をとります」

といって、朝、少し早めにホテルを出てバスの停留所に行くと、すでに長蛇の列である。

(舐めてたなあ、まさかこんなに乗客がいるとは)

そのお寺は交通が不便な場所にあるので、そんなに観光客が来ることもないだろうと高をくくっていたのだが、バス停に並んでいる人たちのほとんどは、どうやら外国人観光客である。

(これがオーバーツーリズムというやつか…)

やがてバスが来たのだが、当然僕は座ることができない。あっという間にバスは乗客で溢れかえった。

40分ほど文字通りバスに揺られ、目的地のバス停に到着した。バス停には同僚が迎えに来ていた。

「やあ、アドバイスをもらったのに、ちょっと舐めてました」

「すごい人数の観光客でしょう」

「ええ、それも外国人観光客ばかり。どうしてこんなに人気なんですか?」

そこは、春は桜、秋は紅葉で有名だし、それ以外の季節にもさまざまな花が楽しめるところなので、観光に十分なところであることはわかる。それにしても、外国人観光客は、言ってみればこんなマイナーな場所にどうして我も我もと訪れるのだろう?

「SNSで海外のインフルエンサーが紹介したら、バズったみたいですよ」

なるほど。そういうことか。

もちろんそれには、お寺側の努力もあったはずである。ご挨拶した副住職は僕よりも若く、なかなかやり手のようだった。いろいろなことを仕掛けたおかげで、観光客はV字回復どころか、そのまま右肩上がりで増えていったのだろう。

無事に用務が終わり、帰りはタクシーで山を下りたのだが、路線バスとは打って変わってじつに快適である。

とはいえ、午後になると薬の副作用で足が痛み始め、痛みをこらえながら移動しなければならなくなった。最後の方は、足を一歩一歩前に出すことじたいが億劫となり、倦怠感も手伝って、極端に歩みがのろくなった。本当になんとかならんものか。

|

« 気安く頼まれる人 | トップページ | パーフェクト・プレミアムフライデー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気安く頼まれる人 | トップページ | パーフェクト・プレミアムフライデー »