芸能・アイドル

病院の待合室にて

2月17日(木)

車で1時間半かけて、定期診察のため病院に向かう。

大きな病院なので、あいかわらず外来の患者が多く、待合室はかなり密である。

待合室で待っていると、

「オダユウジさん、1番診察室にお入り下さい」

とか、

「オグラユウコさん、3番診察室にお入り下さい」

と、医者の先生が患者を呼び出す声が待合室中に響き渡るのだが、そういうときって、どうしても診察室に入っていく人の方を見ちゃうね。

都心の有名な病院ではなく、都外の、しかも市街地からもかなり離れた病院なので、まさか芸能人が通院しているはずもなく、同姓同名の人なのだろうけれど、それでも、どんな人だろう?と、つい診察室に向かう人の姿を確認しようとするのは、ミーハーである僕の、悲しい性(さが)である。

オダユウジさんは確認できなかったが、オグラユウコさんは、診察室に向かう姿が確認できた。もちろん芸能人ではなく、ふつうの人だったけれど、たぶん、自分が芸能人と同じ名前で、名前を呼ばれるたびに周りの注意を引くので、恥ずかしいという感覚がしみついているのだろう。顔を伏せて、ひどく足早に診察室に向かっていった。

待合室で呼ばれる名前といえば、たしかずっとむかし、ダウンタウンのコントに、病院の待合室で呼ばれる名前にまつわるコントがあった。

待合室でたくさんの人が待っている。医者が「○○さん、診察室へどうぞ」と呼び出すのだが、その「○○」の名前が、ふつうあまり聞かないような、珍奇な苗字なのである。

あまりに珍奇な名前ばかり医者が呼び出すので、みんなが驚いて、そのたびに診察室に向かう人の方を見る、というただそれだけのコントだった気がするが、僕が妙に覚えているのは、その中の苗字の一つに、「漆目八村(うるしめやむら)」という珍奇な苗字があったことだった。

本当にそんな苗字があるのか?と調べてみたのだが、どうも実際にはなさそうだ。それにしても、「うるしめやむら」という苗字を思いつく、その語感のセンスが、たまらなく面白くて、いまでも覚えているのである(病院の待合室という設定でなかったかもしれない)。

病院の待合室で思い出したが、桂文珍師匠の「老婆の休日」という落語だったか、病院の待合室での会話というのがあった。

「○○さん来てへんけどどないしたん?」

「風邪引いて休んでるわ」

これがたまらなく面白かった。

今年の正月に演芸番組を見ていたら、桂文珍師匠がテレビで新作落語をやっているのを久しぶりに見た。スマホの操作がわからない老人を主題にした内容で、腹を抱えて笑った。

桂文珍師匠は、僕が若い頃はバラエティ番組によく出ていて、本業の落語よりもそちらでの露出が目立っていた気がする。週末のニュース番組で政治のことを語ったり、上岡龍太郎と笑福亭鶴瓶の「パペポTV」の向こうを張って、西川きよしと「目玉とメガネ」というトーク番組を始めたが、当時は観ていて、さほど面白いとは感じなかった。文珍はどうもインテリに憧れているという印象を拭えなかったのである。

しかしここへ来て、桂文珍師匠の落語の面白さにようやく気づいた。やはりこの人は落語の人なのだ。たいへん不遜な言い方だが、さまざまな雑味が濾過されて、純粋に落語の面白い部分だけが残った、ということであろうか。いや、桂文珍師匠のことをたいして知らないくせに、こんなことを言うのは、やはり不遜である。

| | コメント (0)

自虐ではなく、讃歌

12月12日(日)

さて、今日から24日までの約2週間は、怒濤の日々である。

手始めの今日は、午前中に2時間半のオンライン会議を行った。僕が責任者となって行う、約1年後に控えたイベントに関する会議である。当然、僕が会議の司会進行役なので、2時間半の間、まったく気が抜けない。

(とうとう始まったか…。あともどりはできないな…)

すでに頭を使いすぎてグッタリ疲れてしまった。

午後、というか夕方は、自宅を出て、新幹線で2時間以上かかる北の町に出張である。午前中の会議の件とはまったく別の仕事なので、頭を切り替えなければならない。この「頭を切り替える」という作業が、なかなか大変である。クールダウンが必要なのだが、なかなかその時間がとれない。強いていえば、新幹線の中が、クールダウンの時間である。

新幹線の中でちらほら考えたこと。

NHKのドラマ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」の影響もあって、家ではすっかり阿佐ヶ谷姉妹づいている。3歳8ヵ月になる娘は、もうすっかり阿佐ヶ谷姉妹の虜になり、「阿佐ヶ谷に行きたい」と言い出した。24日まではまったく時間がとれないので、年末に阿佐ヶ谷に連れて行く約束をした。もちろん北口。

数年前まで僕は、阿佐ヶ谷姉妹の二人の区別がつかなかった。

ドラマの「のほほんふたり暮らし」第5回では、姉のエリコさんが、コンビではなくピン(一人)で仕事をする機会が増えたエピソードを紹介している。僕はその場面を観て、

(そういえば何年か前、エリコさんがピンで仕事をしていたな…)

と思って、思い出したのが、当時深夜に放送されていた、「かりそめ天国」というバラエティー番組だった。

2017年頃だったと思う。その番組の中で、駆け出しの芸人がいろいろなことに挑戦するというコーナーがあったのだが、僕が強烈に覚えているのが、「阿佐ヶ谷姉妹のうちの一人が、まる一日、フランス料理のフルコースを食べ続ける」という企画だった。

なるほど、あのときはたしかにエリコさんがピンで仕事をしていたなぁ。ドラマで描いていたのはこういうことだったのだな、と思っていたら、それがとんでもない間違いであることがわかった。

調べてみると、まる一日フランス料理をフルコースを食べ続けるという企画に挑戦していたのは、姉のエリコさんの方ではなく、妹のミホさんの方だったのだ!

…と、ここまで、阿佐ヶ谷姉妹にさほど興味のない人が読んだら、「そんなことどっちでもいいじゃん!」と思うかもしれないが、さにあらず。ここが重要なのである。

僕はその番組を観ていたとき、そのロケをあまりにそつなくこなしていたから、後になってだんだんわかってきた二人のキャラクターの違いから、てっきり姉のエリコさんの方だと、僕の中の記憶が上書きされていたのである。エリコさんがピンで活動していた時期は、その番組よりももっと古く、2012~2013年頃だったそうだ。

つまり何が言いたいかというと、当時はそれほど、僕の中で二人の見分けがつかなかったのである。

二人の見分けがつくようになったのは、阿佐ヶ谷姉妹が2020年の春から文化放送の「大竹まこと ゴールデンラジオ」の月曜パートナーになった頃からである。

いや、正確に言えば、最初はラジオを聴いてもあまり区別がつかなかった。転換点となったのは、2020年6月、阿佐ヶ谷姉妹がよく通う「朝陽」という中華料理屋さんのエアコンが壊れて、修理をどうしようか、ということを2週にわたってオープニングトークで姉のエリコさんが話したときである。何ということのない話なのだが、エリコさんの話し方がまるで落語を聞いているようで、思わず聴き入ってしまった。このときから僕は、阿佐ヶ谷姉妹の二人の個性、というものを、はっきりと認識するようになったのである。

二人の個性を認識するようになってから、阿佐ヶ谷姉妹の真の面白さに気づいた、と、こういうわけである。

いまや阿佐ヶ谷姉妹の漫才やコントの「おばさんネタ」は、安定した面白さを誇っている。しかしそれは、決して自虐ではない。おばさんに対する肯定であり、讃歌なのだ。その点がいま、阿佐ヶ谷姉妹が支持されている最大の理由なのではないかと思うのだが、いかがだろう。

この国の社会では、長らく「おばさん」という言葉に、揶揄や侮蔑的な意味合いが込められていたのではないかと思う。しかしその意識を根本から変えてしまう可能性を、阿佐ヶ谷姉妹は持っている。同じくジェーン・スーと堀井美香アナのコンビも、ポッドキャスト番組「OVER THE SUN」の中で意識改革をうながしている。両者はまったく異なるアプローチの仕方だが、同じ高みへと向かっている気がしてならないのである。

そういえば、武田砂鉄氏は、「のほほんふたり暮らし」のドラマ評として、こんなことを書いていた。

「これから、世界に平和が訪れる可能性ってかなりわずかだと思うのが、わずかだけ残っているとしたら、「その人(たち)がそう思ってるならそういうことでいいじゃないか」と思える場面をいかに増やせるかだ」(「ワダアキ考 テレビの中のわだかまり」2021年11月24日)

阿佐ヶ谷姉妹の生き方に世界平和の可能性を見いだす武田砂鉄氏。それになぞらえて僕もちょっと大げさな言い方をするならば、阿佐ヶ谷姉妹の生き方は、究極のSDGsなのではないか、と思う。もっとも、SDGsの意味はよく知らないんだけれども。

| | コメント (1)

「推し活」は私を救う

「落ちる」というのは、「恋に落ちる」という意味ではなく、「沼に落ちる」という意味なんだね。

文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」で、木曜パートナーの小島慶子さんが、国連演説をしている韓国のアイドルグループ・BTSに興味を持ったと思ったら、

「気がついたら沼落ちしていたんですよ」

という。生まれてこの方、アイドルに無縁だったという小島慶子さんが、ふとしたきっかけで、アイドルの沼に落ちた。その瞬間、それまでの自分の思考の枠組みから解放され、新たな世界に気づいたというのである。

最近は、ジェーン・スーさんも、「推し活」をしているという。「推し」の対象は明らかにしていないが、「推し」を中心にした生活にガラリと変わったという。

この国において、「推し」のルーツは、「ヨン様」こと、ペ・ヨンジュン氏ではないかと思う。それを感じたのは、10年以上前に、韓国に1年ほど留学したときであった。

韓国のある田舎町の施設に行くと、受付の所にペ・ヨンジュン氏のサインが飾ってある。

たまたま、その受付に、日本人の方がいたので、聞いてみた。

「あれは、ペ・ヨンジュンさんのサインですよね」

「ええ」

「なぜこの場所にサインがあるんですか?」

「それは、ペ・ヨンジュンさんが韓国のよいところを紹介するための旅行エッセイを書くということで、この町に訪れたんです」

「そうなんですか」

「で、その本を読んだ日本のヨン様ファンの方が、次々とこの町に訪れたんです」

「なるほど、そうだったんですか」

僕はそれを聞いて、心底からヨン様ファンを尊敬した。

だって考えてもみたまえ。ヨン様ファンからしてみたら、その場所は「聖地」なのである。だがその「聖地」は、お世辞にも、交通の便がいいところとはいえない。最寄りの駅からもかなり離れた、陸の孤島のような場所なのである。

しかし日本のヨン様ファンは、「ヨン様と同じ空気を吸いたい」と思う一心で、韓国語を勉強し、韓国の地図を見て、電車の乗り方を覚え、さらにはタクシーを乗りこなして、陸の孤島のような町を訪れるのである。そこまで至るのに、どれだけのスキルアップをしたことか。その当時は「推し」なんて言葉はなかったが、今ならば立派な「推し活」である。

何度でも書くが、「推し活」は、決して世界を狭めはしない。むしろ世界を広げるのである。

そういえば、「前の職場」にいた頃、ある職員さんから、こんなことを頼まれたことがある。

「先生、今度、韓国に出張に行かれるんですよね」

「ええ、そうですけど」

「一つお願いがあるのですが」

「何でしょう?」

「韓国海苔をお土産に買ってきてください」

「それはかまいませんけど、いったいどうしてです?」

「実は僕の妻がヨン様の大ファンでして、韓国に行けなくても、ヨン様と同じ空気を感じたい、と思っているようでして」

「海苔でいいんですか?」

「ええ、海苔で十分だそうです。韓国から運んでいただいたというだけで、ヨン様と同じ空気を感じることができるんだそうです」

「そうですか。わかりました」

と、それほど高くない韓国海苔をお土産に買ってきて、ひどく喜ばれたのだった。

「推し活」は生きる希望を与えるものであり、自分の知識や世界を広げる最も理想的な方法なのではないだろうか。

…と、ここまでが前フリ。

小学校4年になる姪は、テレビ朝日のドラマ「科捜研の女」の大ファンである。姪からしてみると、「マリコ」こと、沢口靖子が「推し」の対象なのである。

レギュラー番組はもちろんのこと、つい最近ロードショー公開された、「科捜研の女 劇場版」をかぶりつきで観に行ったというのだから驚きである。

「『科捜研の女 劇場版』って、テレビで十分なのに、あんなもの、わざわざ映画にして、誰が観に行くんだろうね?うっひゃっひゃっ」

とバカにしていたら、いたねー、身近に。

姪は母親と二人で観に行ったらしいが、小学校4年生の姪と同じ熱量を持つ観客は、いなかったらしい。

さて今日。

職場の一斉メールに、「テレビ放映のお知らせ」と題するメールが来た。職場の同僚がテレビに出演したりすると、その情報を共有するメールが来るのである。

テレビ朝日ドラマ番組において、同僚の○○さんが監修された回につきまして、以下の通り、テレビ放映されますのでお知らせいたします」とあり、番組名を見たところ、それが「科捜研の女」だったのである。

その情報を、妻を通じて姪に伝えたところ、

「おじさんの同僚が『科捜研の女』を監修したと伝えると、興奮した姪が、おじさんの同僚のサインがほしいと言いだした。マリコ(沢口靖子)に会ってもいないと思うけど、と言ってもきかない。『関係していることがすばらしいんだ』って」

さあ、「推し活」をしているあなたなら、この心理はおわかりでしょう。

これこそが、「推し活」の真髄だ、ということを。

ヨン様が好きすぎて、同じ空気を吸いたいあまりに、韓国海苔のお土産をねだった人と、どこがどうちがうのだろうか?同じではないか。

さて、僕はその同僚にサインをもらうべきか?

「小4の姪が『科捜研の女』の大ファンなので、サインをください」

と頼むのは、どうかしている。韓国海苔を買うのとはわけが違うのだ。サインは諦めてもらうことにしよう。

しかし、これだけは言える。

姪は「科捜研の女」に「落ちた」ことによって、確実に、同学年の他のお友だちよりも、科学捜査に関する知識が詳しくなったのだ。

これが、姪の将来に影響を与えるかもしれない、という無限の可能性に、おじさんとしては、期待したいのである。

| | コメント (0)

「○○じゃない方」とは言わせない

10月1日(金)

ここ15年の間、僕は「お笑い界」というものにまったく疎くなってしまったのだが。

お笑い芸人・ハライチの岩井勇気を初めて認識したのは、いまから2年ほど前、NHKの「ETV特集」で、ある歴史上の実在の人物を取り上げた番組の、再現ドラマの中で、その人物を演じていたのを観たときである。

ずいぶんと古風な顔立ちの人だな、と思いながら見ていくと、その実在の人物を写した古い写真が、黒縁眼鏡をかけた岩井勇気の顔とそっくりだったので、なるほど、顔立ちでキャスティングしたのかもしれない、と思ったが、お笑い芸人とは思えないほど、誠実な演技だった。

ちなみに、その実在の人物の、気丈な妻の役を演じたのは、伊藤沙莉である。伊藤沙莉という俳優も、その番組を観て初めて認識をした。その後、注意深くテレビを観ていくと、志村けんのコント仕立てのドラマでも志村けんの相手役として共演していたことを知り(2018年にNHKで放送された「志村けんin探偵佐平60歳」が昨年、再放送されていた)、なるほどもともと芸達者な俳優さんなんだなと得心がいったのである。

そういうつもりで観ていくと、伊藤沙莉はいくつものテレビCMに登場する売れっ子の俳優なのだということも、わかってきた。しかも最近は、岩井勇気と伊藤沙莉が夫婦役を演じるCMがあることにも気づき、この二人を夫婦にするというキャスティングは、2年ほど前のETV特集がきっかけなのだろうかと勝手に思ったりした。それほどあのETV特集は、地味な内容ながらも岩井勇気と伊藤沙莉の二人を僕の記憶の中に深く刻んでいたのであった。

僕はそれまでずっとハライチの漫才を、テレビではいつもぼんやりと見ていた。向かって左側の人が無表情で「○○の○○」と言ったことに対して、向かって右側にいる澤部(この「澤部」という名前だけは認識していた)が、大声を張り上げて必死にボケまくるという漫才のスタイルを、なんとなく認識していた、という程度である。しかしそのETV特集を見て以降、左側で無表情で「○○の○○」という珍奇な言葉を繰り出していた澤部の相方を認識するようになり、その漫才が俄然面白いと感じるようになったから不思議である。

そうこうしているうちに、ハライチの「澤部じゃない方」である岩井勇気がエッセイ集を出し、そのエッセイ集が評判で、しかもかなり売れたと聞いて(実は僕は未読なのだが)、僕はそこでまたETV特集のことを思い出したのであった。そうなるともう僕の中では、「澤部じゃない方」ではなく、はっきりと「岩井勇気」である。

むかしテレビで観たのだが、まだ売れてない頃の爆笑問題の太田のことを評価していた立川談志が、太田に対して「(相方の)田中を絶対に手放すなよ」と言っていたのが印象的だった。漫才のボケを担当する太田の方が世間的には面白いと思われているのだが、それは太田ひとりで成立する面白さではなく、田中がいてこその面白さだ、ということに、談志は早くから見抜いていたのだろう。

それに近いこと、というか、より本質的なことを、上岡龍太郎が言っていた。コンビはボケ担当の方が面白いと一般的には言われているけれども、相方の面白さに気づけば、その漫才コンビがよりいっそう面白いと感じるようになり、そのコンビに対する愛着がいっそう深まっていくのだ、と。そのときに例としてあげていたのは、たしか漫才コンビの「トミーズ」だったと記憶する。トミーズ雅のボケの面白さが目立つのはあたりまえだが、その横にいるトミーズ健(彼も「雅じゃない方」と言われるような地味な存在である)の面白さに気づいたときに、トミーズの漫才はそれまでとは格段の違いでいとおしく感じるようになる、という、いかにも上岡さんらしい分析である。そう言われてみれば、お笑いコンビの「バイキング」も、小峠の相方である西村の面白さに気づいたとき、僕の中で面白さのフェーズが変わったのであった。

それまで自分の中で認識していなかった人を、何かをきっかけに面白い人だと気づき、それまで見ていた世界とはまったく違う世界が立ち現れてくる、というのは、なかなか楽しいものである。

ちなみに「ハライチ」というコンビ名が、二人の出身地である埼玉県上尾市原市(ハライチ)に由来するということを、今日放送されたTBSラジオ「アシタノカレッジ 金曜日」を聴いてはじめて知った。「森三中」とか「北陽」みたいなコンビ名だったのか。

| | コメント (1)

館プロ

クールス

史上最強のどーでもいいニュース

「どーでもいいニュース」シリーズ。第3弾

俳優の舘ひろし(71)が、石原プロ解散後に、自身の新事務所「館プロ」を立ち上げた。

…なんか、「どーでもいいニュース」シリーズに、舘ひろしが登場する確率が高いようなのだが、誤解のないようにいっておくと、僕は舘ひろしのファンである。僕は舘ひろしと直接交流のある人を通じて、舘ひろしがいかにいい人か、ということを、むかし、聞いたことがある。

僕が驚いたのは、館プロに所属するタレント数名の中の一人に、ある名前を見つけたからである。

それは、竹内夢(21)さんである!

竹内夢さんといったら、あーた、NHKの子ども番組「おとうさんといっしょ」のゆめちゃんである!

かわいい絵本のなかから飛び出してきたような出で立ちで、子どもたちにも好かれ、それでいて歌もミュージカル俳優なみ実力を持つ、言ってみれば理想の「歌のおねえさん」である。

え、その人が館プロに?ギャップがありすぎるだろ!

インターネットのニュースでは、

「館は「どこかで石原プロの匂いをさせたい。映画作りの情熱とおはぎを踏襲してコロナが落ち着いたら神主を呼んで、餅つきをして事務所開きをしたい」と茶目っ気たっぷりに構想を明かした。」

という舘ひろしのコメントを紹介している。てことは、やる気だな、「西部警察」。

竹内夢さんが刑事役としてカーアクションに挑戦して、最後は車が炎上するなかから脱出する、という姿を想像して、思わず笑ってしまった。

ね?どーでもいいニュースでしょう?

| | コメント (0)

漫談

すこぶる体調が悪い。

それは、仕事への気力をそぐほどのものなのだが、体調不良の個人的要因と、構造的要因は、なんとなく想像がつく。だがそれを細かく書くこと自体、気力や体力を必要とするので、気力や体力の余裕があるときにあらためて書くことにする。

動画サイトをあさっていたら、NHKーFMで1984年放送されていた「タモリのジャズ特選」という番組があったので聴いてみた。タモリが自身のレコード・コレクションから厳選したナンバーを掛けながら、曲にまつわるエピソードやウンチクを語るといった内容なのだが、実際に聴いてみると、タモリが一人で立て板に水のごとく、ときに冗談を交えながら漫談をしていて、これが聴いていて実に心地よい。

この「立て板に水の漫談」の感覚、何かと共通しているなあ、と思ってよく考えたら、伊奈かっぺいの漫談を聞いたときの感覚と、非常に近いものがあった。あくまでも僕自身の感覚だが。

もちろん、青森の伊奈かっぺいと福岡のタモリでは、おそらく小さい頃からの言語形成がまったく異なると思うのだけれど、話術というか話芸を極めれば、ある究極のスタイルに行き着くのではないか、という気にすらさせてくれるのである。

久しぶりに、漫談あるいはひとり語りといったものに注目したくなった。久しぶりに、伊奈かっぺいの漫談を聴いてみようか。

文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」を聴いていたら、きたろうが、いまYouTubeでおもしろいのは、「街裏ぴんく」という芸人の漫談だ、この人の漫談がむちゃくちゃなのだが、その熱量がすごい、と絶賛していた。

それを聞いて、僕も聴いてみたのだが、たしかにむちゃくちゃでおもしろい。「ちょっとどうかしている」話を、「鶴瓶噺」のような話法で、さもほんとうにあった体験かのように、観客を強引にその世界観に引き込んでしまう。ああいう発想はどこから来るのだろう、とただただ感服するばかりである。

| | コメント (1)

静観

人気お笑い芸人が、反社会的勢力の忘年会に出たということで、大手芸能プロダクションから契約解消を言い渡され、それを受けて二人のお笑い芸人が、謝罪の会見を行った。

その謝罪の会見は2時間半にも及んだそうだが、その中で、大手芸能プロダクションと所属芸人との間のやりとり、というのが明らかにされた。

僕はその大手芸能プロダクションが好きではないし、所属の芸人たちに対する思い入れもない。なのでこの騒動自体に関してはなんの興味もないのだが、ただ、その会見内容は、実に興味深いものであった。

当初は、芸人たちが、反社会的勢力の忘年会に出た、ということで、謹慎処分が下されたが、その後、芸人たちがギャラを受けとっていたのではないか、という疑惑が出てきた。

会見を開いた芸人の話によれば、5年も前の出来事なので、自分たちは、ギャラをもらったかどうかの記憶が定かではなかった。そこで、当初は「ギャラは受けとっていない」と取材に答えていた。

ところが、のちに複数の芸人の記憶をたどっていくと、実はそのときにギャラを受けとっていたという事実が判明した。

そうなると話は別である。反社会的勢力が違法行為によって被害者から奪い取ったお金を、お笑い芸人たちがギャラとして受けとっていたことになるからである。

お笑い芸人たちは、自分が所属する大手芸能プロダクションにそのことを正直に告白し、「このことを正直に公表して謝罪をさせてほしい」と会社に懇願した。

ところが大手芸能プロダクションは、「いまさら(事態を)ひっくり返すわけにはいかない」として、ギャラを受けとったという事実を公表するのを見送ったのである。当初の取材で「ギャラは受けとっていない」と答えていたことを、いまさら覆すわけにはいかない、ということなのだろう。

そのとき、社長を含めた社員たちは、「会社としては静観でいく」という方針を決めた。つまり、ギャラを受けとったという事実をあえて公表はせず、事態の推移を見守る、ということである。

結果的にこの方針がきっかけで、大手芸能プロダクションと所属芸人との関係がこじれにこじれ、問題を大きくさせ、最終的には「契約解消」という事態をもたらし、芸人による記者会見で大手芸能プロダクションの悪辣性が白日の下にさらされる結果となった。

どう考えても、ギャラを受けとっていたという事実がわかった時点で、大手芸能プロダクションと所属芸人がそろって謝罪会見を開けば、ここまで問題がこじれることがなかったはずである。

なぜ、このような「どーでもいい会見」に僕が注目したのかというと、ここで使われている「静観」という言葉を会見で聞いて、あることを思い出したからである。

それは、ポツダム宣言である。

1945年7月、ポツダム宣言を確認した日本の政府は、もはや戦争継続が困難という見方もあり受諾やむなしとの空気もあったものの、当面の間は一切の意思表示をせず「静観」するという方針を決めた。そうした方針が、次第にこじれていき、結果的にさらに大きな悲劇を生んだことは、歴史の事実である。

「静観」という言葉が引き起こした悲劇という点で、両者は共通していると僕は見ている。「静観」という態度が、しばしば取り返しのつかない事態を引き起こすことがあるのだということを、歴史は教えてくれているように思う。

| | コメント (0)

史上最強のどーでもいいニュース

このブログも今やすっかり閑古鳥が鳴いているし、体調もアレな感じなので、超どーでもいい話を書く。

以前、「クールス」という、どーでもいい話を書いたことがあるが、それをはるかに凌ぐ、どーでもいい話である。

最近のいちばんの衝撃的な芸能ニュースといえば???

そう!最近テレビで大活躍している、あのアラフィフのミュージシャンの衝撃的な事件ですよ!!!

…ここまで書いてもおわかりでない?

高嶋ちさ子の「仕事セーブ宣言」のニュースですよ!

なんといっても芸能界に衝撃が走ったニュースが、これですよねえ。

…という冗談はさておき。

「高嶋ちさ子が仕事セーブ宣言をした」というニュース自体、心底どーでもいいニュースである。何でこんなことがニュースになるんだ???

このニュース自体、どーでもいいニュースなのだが、これに輪をかけてどーでもいい記事をインターネットで見つけた。

「フジ軽部アナ、高嶋の近況「とにかく多忙」仕事セーブ宣言に理解 伊藤アナが明かす

デイリースポーツ/神戸新聞社 2019/03/12 09:55

フジテレビの伊藤利尋アナウンサーが12日、同局の「とくダネ!」で、仕事セーブを宣言した高嶋ちさ子について、一緒にコンサートを行っている軽部真一アナウンサーから聞いた高嶋の近況を明かした。

番組では、高嶋の家庭優先、仕事セーブ宣言の反響について特集。高嶋は10日のブログで「今後、平日のお仕事は、子供が学校から帰宅する時間までに終わる物しか絶対にお引き受けしません。例外もなくします」と宣言。「私は仕事人ではなくお母さんなので、仕事はセーブさせて頂きます。それで干されても良いです。このままだと息子に干されそうなので」と、子供を最優先にしていくことを誓っていた。

この内情について、小倉智昭は「ちさ子さんに関しては、軽部アナウンサーが一番よく知ってると思うんだけど取材したの?」と伊藤アナに尋ねた。

軽部アナは長年高嶋と一緒にクラシックコンサートを行っており、公私にわたって親交が深い。伊藤アナは「ですから、特に下のお子さんの今の状態については、とっても気をもんでらっしゃるところもあって。その子のためにというところはあるようですが」とコメント。

「ただ、とにかく近年、超多忙だという中で、ちさ子さん流のブレイク宣言をかけられたのかなあと、そういう趣旨でした」と軽部アナから聞いた高嶋の最近の様子を明かしていた。」

この記事、すごくない?最初読んだとき、ラジオのハガキネタかと思った。

「フジテレビの伊藤利尋アナが、軽部真一アナから聞いた高嶋ちさ子の近況を明かした」って、どんだけ間接的な情報なんだよ!!!

で、聞いた結果が、「とにかく多忙」って、何にも言ってないに等しいじゃん!

ま、テレビで見たことやラジオで聴いたことをそのまま記事にするのは、最近よくあることだけど、その中でも、この記事はダントツのどーでもいい記事ではないだろうか。

子どものころ、新聞記者とか雑誌記者になりたいと思っていたのだがなあ…(小学校の卒業文集にそう書いた)。

まことに不可解な時代となってしまった。

記録として書きとどめておく。

| | コメント (0)

ジュリーは談志だ!

まず最初に大前提として確認しておきますけれど、

「沢田研二こそが、史上最高の男性アイドルである」

ということ。これについては、異論を認めません。

なぜなら、以前、ラジオ番組「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」の「史上最高のアイドルは誰だ?評議会(男性編)」という企画で、ぶっちぎりで沢田研二が史上最高の男性アイドルと認められたからである!

このラジオの中で、僕と同世代のコンバットRECさんが、

41v7idxaill「僕が初めて買った音楽アルバムは、小学生のときに買った沢田研二の『思いきり気障な人生』だった」

と言っていたが、これを聞いて僕はビックリした。

なぜなら僕も、小学生のときに生まれて初めて買った音楽アルバムが、「思いきり気障な人生」だったからである!

なんという偶然の一致!!!

…というか、コンバットRECって、誰?

つまり「思いきり気障な人生」を買うというのは、当時の小学生男子にとっての「あるあるネタ」だったのである!

当時の小学生男子にとって、沢田研二がいかにすごい存在だったか。それは、映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」のエンディングテーマが、沢田研二の「ヤマトより愛をこめて」だったことからもわかる。

あるいはこれは、子どもと一緒に映画を見に来た親の世代へのサービスだったのかも知れないが、当時、このエンディングテーマが、小学生男子たちの心をどれだけ鷲掴みにしたことか!

コンバットRECさんや僕が、「思いきり気障な人生」を買ってしまったのも無理はない。

…だから、コンバットRECって、誰っ!!??

さて、沢田研二の「さいたまスーパーアリーナドタキャン事件」。

9000人収容のさいたまスーパーアリーナで、7000人分のチケットしか売れなかったので、急遽コンサートを中止したという事件のことですよ。

テレビのワイドショーでは大騒ぎしていたようだが、

「沢田研二は、立川談志である」

と考えれば、べつに驚くことではない。

落語家の立川談志は、よく知られるように、気分が乗らないと高座をドタキャンしたり、客席で居眠りをしている客を見つけると、

「おまえ、帰れ!」

と言ったり、まあわがままなことばかりやっていた。

それとおんなじじゃね?

沢田研二も、談志と同じ、プライドの高い、偏屈な人間なのだ。

そういえば、たしか立川談志は、

「人間は、カネで動くか、プライドで動くかの、どちらかだ」

という意味のことを、よく言っていた。

たいていの場合は、この法則にあてはまると思う。

人間は、プライドを捨ててカネに生きるか、カネを捨ててプライドに生きるかの、どちらかなのだ。

もちろん、カネもプライドもほしい人はいるし、カネもプライドもいらないという人もいるだろうが、まあ、たいていの場合、人間を突き動かす原動力となるのは、カネかプライドかのどちらかなのである。

僕自身についていえば、どちらかといえばプライドで動く人間である。

でなければ、いまみたいな仕事はしていない。

理屈のうえでは、できるだけプライドを捨てて生きよう、と思ってはいる。仕事なんかでも、こっちが悪くないのに謝ったりするし、自分の主義を曲げて他人の意見に従うことだってある。

だが、本音のところでは、プライドが高い。

「なんでアイツのつまらねえ本が、俺の本よりも売れてるんだ?」

みたいなことを、年中考えたりしている。

もちろん、「他人と比較したって何の意味もない。自分が満足することをやればいいのだ」という忠告は、いつもありがたく受けとめている。

しかし、

「志ん朝と俺の二人会をするんだったら、俺のギャラを志ん朝よりも100円高くしてくれ」

と言った談志の気持ちも、なんとなくわかるし、

沢田研二が「7000人しか集まらなかったからコンサートはやらない」

と言った気持ちも、なんとなくわかるのだ。

もっとも僕は、お客さんが2人しかいないところで講演をしたことがあるけどね。

| | コメント (0)

人生はクイズだ!

「オフ会」で出た話題から。

以前、こぶぎさんから送られてきた封書の差し出しのところに、

「JUNIEL JUNIEL 五少女のすりきれず 

KARA ギュリ スンヨンの ニコル待つ グ・ハラ待つ ジョン待つ

食う寝る一緒に住むTwice ぺたら工事のジア グァンヒ

ベビボベビボ ベビボの10人いない 10人いないの5人だい

5人になっても解散しない 少女時代を

チョー急に辞めたチョン・スヨンちゃんの生誕を祝う

K-POP落語友の会 代表 こ・ぶ・ぎ」

と書かれていて、KーPOPアイドルグループを落語の「寿限無」風に紹介するという斬新な、しかし誰にもわからない試みをしていたことを紹介した。

このとき、

「さてここでクイズです。ここに登場するKーPOPグループの合計人数を足すと、何人になるでしょうか!」

と書いたのだが、考えるのがめんどくさくなっちゃってそのままほったらかしていたら、オフ会のときにこぶぎさんが、

「クイズを出したのに解答を書いてくれないんで、自分で答えを出したよ」

と、クイズの答えを書いた紙を見せてくれた。

「KARA5名+脱退・途中加入者2名(キム・ソンヒ、ホ・ヨンジ)=7名

ZE:A9名

Twice9名

Baby V.O.X5名+脱退者1名(イ・ガイ)=6名

(Baby V.O.X Re.V除く)

少女時代9名

正解は40名」

…ということで、正解は「40名」だった。

全世界で、このクイズについて真剣に考えているのが、私とこぶぎさんだけだというのが、笑える。

さて、このブログは、基本的に固有名詞をあまり書かない。

私が出張などで訪れた場所の地名も、極力書かない。

それが、一種のクイズになっていて、…というか、こぶぎさんがそれを勝手にクイズに見立てて、コメント欄などで解答を書く。

で、解答そのものも、判じ物のようになっていて、容易にはわからない。

つまり、このブログは、全編、クイズ形式なのである。

ただ、ここからが重要。

こぶぎさんは、私の訪れた場所を単に当てるだけではない。

私が訪れた場所に、こぶぎさんも実際に訪れているのだ。

こぶぎさんはこれを、「聖地巡礼」と言っている。

で、オフ会のときに、実際に「聖地巡礼」したときの写真をスライドショーで見せてくれるのである。

ビックリするのは、えっ?こんなところにまでわざわざ行ったの?というような場所にまで行っていることである。

こっちは仕事で行ってるからいいけど、こぶぎさんは、単に「私が行った場所」という理由だけで、大変な労力をかけて、そこに行ってるからね。

で、それを誰に公表するわけでもなく、たまたま私と会ったときに、ネタばらしをするのだ。

「やっぱりね。自分の行きたいところに行くのがいちばんいいよ。他人の行ったところに行っても、さほど面白くはない」

そりゃあ、そうだろう。

しかし、こぶぎさんは続けるのだろう。

こぶぎさんが続ける限り、私も旅を続けなければならない。

| | コメント (0)