職場の出来事

音声収録

10月15日(木)

病院に定期診察。

診察は半日がかりなので、ふだんなら職場に行かないのだが、この日は、夕方に仕事が入った。

数日前、いまうちの職場で開催しているイベントの代表者の同僚が、

「木曜日の夕方、空いてますか?」

「木曜日ですか…。病院に行くんですけど、夕方ならば職場に行けないことはありません」

「イベントで、音声ガイドが必要なんじゃないかと盛り上がってしまいまして、急遽音声ガイドの収録をおこなおうかと」

「音声ガイドですか?」

ああいうのって、プロに頼むんじゃないの?南部広美さんとか、堀井美佳アナウンサーとか。…ま、僕の好きな語り手だけど。

「お願いします」

「わかりました」

ということで、音声ガイドの収録を急遽することになったのである。もちろん、原稿は自分で作り、自分で読むことになる。

診察をする病院というのは、自宅と職場の中間あたりにあるので、診察が終わったらそのまま職場に向かうことができる。ま、かなり体力的にはつらいのだが。

診察が2時過ぎに終わり、これならばなんとか夕方に間に合うだろうと、車で職場に向かった。

すると、途中でイベントの代表者の同僚から連絡が来た。

「ごめんなさい、間違えてました。音声ガイドの収録は、今日の夕方ではなくて、明日の夕方です!!」

ええええぇぇぇぇっ!!!もうだいぶ来ちゃったよ!!

仕方なく自宅へ引き返したのであった。

10月16日(金)

今日も朝から忙しい。

午前10時から会議があるのだが、会議でスムーズに承認されるための対策のため、9時前に出勤して打ち合わせ。なんとか会議では原案通り承認されて一安心。

午後からも打ち合わせが一つあり、その合間にも書類作成など。あっという間に夕方になった。

夕方から、いよいよ音声ガイドの収録である。

イベント会場で収録した方が臨場感がある、という同僚の提案で、会場でおこなうことになった。

ふつう、音声ガイドって、一人が全部をナレーションすると思うのだが、担当者が、自分の担当のところに音声ガイドをつける、ということらしい。これって、聴いてる人からしたら、どうなのだろう?煩わしく感じたりしないだろうか?と思ったが、まあそれで進めるというのだから仕方がない。

あらかじめ原稿を作成してきたのだが、問題は、どんなトーンで喋るか、である。

考えたあげく、「大竹発見伝 ~ザ・ゴールデンヒストリー~」風で喋ろうということに決めた。ま、わかる人だけがわかればよろしい。

音声ガイドは、いずれネットで公開されるようである。はたして、僕の語りが「大竹発見伝 ~ザ・ゴールデンヒストリー~」風になっているかどうか、乞うご期待!

| | コメント (0)

客として職場へ

10月11日(日)

家族親族に、いま職場で開催中のイベントを見てもらおうと日程を調整したら、10月11日(日)しか予定の合う日がなかったので、急遽、家族親族5名を連れて職場に行くことにした。

ただ、週末は事前予約の手続きをした人が優先的にイベント会場に入ることができることになっていたため、数日前にあらかじめ事前予約の申し込みをした。

自分の手がけたイベントに、わざわざホームページで申し込んで観に行く、というのも、変な話なのだが、ま、自分の出演した映画にお金を払って劇場に見に行く俳優のようなものなのだろう。

2歳半の娘が、イベント会場に着くやいなや、

「おうちへ帰ろう」

と言い出し、しかも繰り返し言うので、凹んでしまった。

それに、イベント会場のあちこちにいる会場スタッフは、先日僕が研修会の講師をつとめたこともあり、

「先日の研修はありがとうございました」

と挨拶される始末。まったくもって恥ずかしい。

それでも午前中から夕方まで、職場で「客として」時間を過ごし、ヘトヘトになって帰ってきた。

疲れ果て、寝ようと思ったら、イベント専用のTwitterの管理人からメールが来て、僕が書いたツイートの文案に、不正確な記述があるのではないかという疑義が出されて、あわてて調べ直し、文案を修正して送信した。

あまり不用意なことを書くと炎上するから、表現に気を配るのが難しい。

ツイートの文案を作るのが面倒になってきた。Twitterなど、やるものではないね。

| | コメント (1)

どうも、熱狂的なファンの者です

10月9日(金)

朝、職場に行くと、今開催中のイベントの代表をしている同僚と廊下ですれ違った。

「いよいよ今日ですよね」

「ええ」

「あれ?リモート出演ですか?」

「そうです」

今日の夕方は、僕がヘビーリスナーとして愛聴するあのラジオ番組に、その同僚が開催中のイベントの宣伝を兼ねて出演するのである。スタジオに行かず、職場の仕事部屋からリモート出演するようだ。

僕はその同僚に、僕があのラジオ番組のヘビーリスナーであることを昨日メールで伝えていた。

しかし同僚は、その番組を1回も聴いたことがないという。

「影響力のある番組ですよ」

「そうなんですか。鬼瓦さんにも一緒に出てもらえばよかったですね」

「いえいえ、僕はたんなる一リスナーですから…。今から楽しみです。僕は、パーソナリティーのお二人のファンですからね。よろしく伝えておいてください」

「わかりました」

さて、午前から午後にかけていろいろな仕事をしていると、あっという間に夕方になってしまった。気がつくと5時半が過ぎていた。

すると、イベント代表の同僚が僕の仕事部屋にやってきた。

「…ラジオ聴きました?」

「いえ、まだ…。職場からの帰りの道中で、ラジコのタイムフリー機能を使って聴こうと思ってまして」

「そうですか。実はお願いがあるんですが」

「なんでしょう?」

「番組パーソナリティーのお二人に、イベントのカタログをお送りしようと思うんですよ」

「はあ」

「それで、私と鬼瓦さんの連名でお送りしようと思うので、ここにお名前を書いてください」

見ると、「謹呈」と書かれた短冊が2枚ある。一方の短冊の上の方には、男性パーソナリティーの名が書かれ、その下には同僚の名前が書かれている。

同僚の名前の左隣に、名前を書けということらしい。

もう一枚のほうには、「謹呈」と印刷された文字以外、何も書かれていない。

「こちらは?」

「こちらは、もうひとりの女性パーソナリティーのお名前を、鬼瓦さんに書いてもらいたいんです」

「はあ」

「で、その下に鬼瓦さんの名前を書いていただいて、その左隣に、私の名前を書きますから」

言われるがままに、短冊の上の方に女性パーソナリティーの名前を、その下に僕の名前を書いた。そしてその左隣に、同僚が自分の名前を書いた。

「しかし、「謹呈」の短冊に、僕の名前を書くというのはどうなんでしょう?パーソナリティーのお二人に「誰だこいつ?」と思われませんかね?」

同僚は、ラジオに出演したから名前を書く必然性があるが、僕はまったく関係ないのだ。

「大丈夫ですよ。言っておきましたから」

言っておいた?何を言っておいたんだ?

さて帰宅の道中で、いよいよ、同僚が出演したあのラジオ番組のMainのコーナーを聴くことにした。

40分ほどの話が終わって、いよいよMainのコーナーが終わりだな、という雰囲気になったのだが、そこで男性パーソナリティーが

「他に何かお知らせすることなどありますか?」

と同僚に聞いたところ、同僚は最後の最後に、

「あ、これは忘れないうちに言っておかなくては」

と前置きして、

「実はこの番組の出演のお話をいただいたとき、私の同僚で、イベントを一緒に作ってきたメンバーがいるんですけれど、お二人の熱狂的なファンで…」

「まあうれしい!」

「このイベントのことをこの番組で取り上げてほしいとメールを書こうかと思って悩んでいたところだったんだそうです」

「ああそうですか」

「そうでしたか~」

「ぜひお二人にがんばってくださいって言付かっていますので」

「ありがとうございます」

「うれしいです」

と、とてもよい雰囲気のうちに、Mainのコーナーが終わった。

…というか、「熱狂的なファン」って、俺のことじゃん!

ええ、たしかに、番組宛てにメールを出そうと本気で思いましたよ、ええ。

お二人に贈るカタログにつける「謹呈」の短冊に、出演したわけでもない僕の名前を書く理由が、これでわかった。

僕はお二人の「熱狂的なファン」として、コーナーの最後の最後のところで、紹介されたのだ!

名前は出されなかったけど。

| | コメント (1)

あのラジオ番組

10月8日(木)

今週の火曜日から始まった職場のイベントが、Twitterとかでかなりの反響を呼んでいる。

そしてなんとなんと、僕がヘビーリスナーとして愛聴している、あのラジオ番組で、紹介されることになった!しかもMainのコーナーで!

そのことを知ったのは、今日の夕方、イベント関係者がメールで教えてくれたのである。どうやら急遽決まったことらしい。

もちろんゲスト出演するのはイベントの代表者である同僚である。僕もスタジオ見学くらいしたかったなあ…。

実は、ずいぶん前から、このイベントを、あのラジオ番組が取り上げてくれたらなあ、と夢想していた。Mainのコーナーで、1時間近くかけて、ラジオパーソナリティーとうちの同僚が対談をしている様子を、想像してみたのである。

その思いがますます強くなり、いっそ番組にメールして売り込もうか、と思っていた矢先に、ついに実現したのである!

理想をいえば、僕も一度ゲストに呼ばれてみたいと思うのだが、贅沢は言わない。こうして自分が関わったイベントが、自分の好きなラジオ番組で取り上げられるというだけでも、十分に嬉しい。

リアルタイムで聴けない方は、番組ホームページからポッドキャストで聴くことができます。あと、ラジオクラウドのアプリで聴くこともできますので、ぜひ御一聴ください。

| | コメント (0)

いきなり!会議

10月6日(火)

そういう役回りのせいで、最近は「いきなり!ステーキ」ならぬ、「いきなり!会議」というケースが多い。

先々週の金曜日(9月25日)だったか、廊下を歩いていたら社長に呼び止められて、

「月曜日の午後、代わりにオンライン会議に出てくれへん?」

と言われて、

「はあ」

と答えた。

その会議というのは、職場の中の会議ではなく、複数の会社が集まって話し合う会議のようなのだが、まったく中身を知らされていない。

しばらくして、会議用の資料がメールで送られてきたのだが、そこに書かれているポンチ絵を見ても、何のことやらいっこうにわからない。

(う~む、困った)

で、会議当日(9月28日)。

1時間ほどの会議だったのだが、結局最後までよくわからず、一言も発言せずに終わってしまった。

そして昨日の晩。

家に帰ろうと思った矢先に、同僚が来て、

「明日の午後、申し訳ありませんがオンライン会議に出てください」

という。

「情報システムのリプレイスについての会議なんですが、そこでうちの会社の立場から発言してください」

ええええぇぇぇぇっ!!!??

「情報システム」とか「リプレイス」とかって、俺がいちばん苦手なやつじゃん!

一体何を話せばいいのだ?

「お役に立てるかなあ」

「大丈夫です。『わからない』ということを発言してもらえればいいです」

なんじゃそりゃ?ま、それも大事なことだ。

そして当日。

聞いたことのない横文字が延々と飛び交う会議の中で、僕はなすすべもなくボーッとしていた。

(今この状況で、鬼瓦さんはどう思いますか?と聞かれたら、何と答えればよいのだろう?)

議論の内容がまったくわからない。

僕に参加を頼んだ同僚が、さすがに見かねたらしく、2回ほど、僕に話を振ってくれたので、それらしい意見を言ったのだが、何しろコンピューター用語が飛び交う会議で、自分の稚拙な発言がどれほどの意味を持っているのか、よくわからない。

こんなんでいいのかなあ、と思う今日この頃である。

| | コメント (0)

おもちゃ箱をひっくり返したような

10月5日(月)

午前は、会場スタッフ向けの研修で30分を3セット行い、ヘトヘトになる。

午後はメディア向けのイベントで、こちらも30分が2セットだったが、30分で終わるはずもなかった。

このイベントのプロジェクトのメンバーも全国から集まった。とにかくドタバタの1日だった。

このイベントの特徴をツイッターで「おもちゃ箱をひっくり返したような」と表現してもらった。

最初は「おもちゃ箱のような」という表現だったのだが、「おもちゃ箱をひっくり返したような」に変えてもらったのだ。

この言葉には、僕なりの思い入れがあって、大林宣彦監督(またはじまった)の商業用映画のデビュー作『HOUSE』が公開されたときに、

「おもちゃ箱をひっくり返したような映画」

と批評された。

それ以来、ぼくはこの「おもちゃ箱をひっくり返したような」という表現が大好きになったのだが、このイベントもまた、「おもちゃ箱をひっくり返したような」という表現がぴったりだと、僕には思えたのである。

難しく考えることはない。驚きと発見の連続なのだ、というメッセージが、このイベントには込められている。

そして圧倒的な情報量!これもまた大林映画的である。

期せずして、このイベントも、そんな感じになった。もちろん、このイベントと大林映画の「おもちゃ箱をひっくり返したような」というコンセプトが似ていると考えているのは僕だけで、他の誰にも言うことはできないし、理解もされないけどね。

間違いなく言えるのは、常識破りのイベントだということである。これもまた大林映画的。

いよいよ明日、開幕する。

| | コメント (0)

イベント準備、終了!

10月4日(日)

結局、今週は朝から晩まで、会議のない時間はひたすら展示場でイベントの準備をするというハードな時間を過ごした。

結局、金曜日のうちには終わらず、最終的な作業は日曜日に持ち越されたのだが、さすがに日曜日は出勤できないなあと思い、休むことにした。

週末は、グッタリして家から出なかった。

そしてさきほど、日曜日に作業をした同僚から、無事に作業が終了したという報告が届いた。オープンは明後日の火曜日だが、明日月曜日の午前は会場のスタッフのための研修、午後はメディア向けの説明会と、気の抜けない時間が続く。

イベントの準備作業自体は肉体的にハードだったのだが、作業自体がクリエイティブなことだし、その時間は雑務から逃避できるという精神的な安堵感もあるので、それ自体はストレスには感じなかった。

それよりもストレスを感じるのは、会議である。とくに長い時間をかけて会議をするのは、本当にストレスがたまる。

僕が進行する会議については、できるだけ短くしようと思っているのだが、中には、恐ろしく長く議論する割には、結局ほとんど決まらない、みたいな会議がある。あくまでも一般論の話だが。

僕にとってのダメな会議は、

「時間が長くかかる会議」

である。会議の形式がオンラインになっても、長い会議は長い会議のままである。

長い会議は、いいことが一つもない。議論をしていくうちに、あれよあれよと本質からかけ離れたことを言い出す人が出てきて、最初の原案の良いところをぶっ壊してしまったりする。とくに企画会議などはそうである。

長い時間をかけて議論をして、よい結果が出てくるという会議もあるのかもしれないが、今までの僕の体験では、そうした会議にお目にかかったことがない。もしよい例があれば教えてほしい。

あと、会議や打ち合わせの数が異常に多いことも、今回、イベントの準備をしていてあらためて気づいたことであった。時間が限られている身にとっては、じつに迷惑な時間である。

これから、増えることはあっても、減ることはないのだろうな。

いや、僕が本当に心配しているのは、そんなことではない。

イベント準備の期間中は考えないことにしていた9月末締切の原稿2本に、まったく手をつけていない。その後も、ほぼ1週間おきに「絶対に遅れてはいけない原稿の締切」が続くのだが、こちらもまったく手をつけていない。うーむ。困った。

| | コメント (0)

トラック野郎、2回目

9月30日(水)

朝からトラック野郎のIさんと二人で、都内2ヵ所をまわる。

というか、来週の火曜日にイベントが始まるというのに、今ごろトラック野郎と都内をまわっていて大丈夫なのか?

しかも2ヵ所とも僕にとっては敷居が高い。

戦々恐々として事にのぞんだが、思ったより順調に進み、午前中には作業が終わり、午後イチには職場に着くことができた。

その足で準備中のイベント会場に向かうと、相変わらず会場は修羅場と化していた。

残るは明日と明後日の2日間。この2日間で勝負をかけなければならない。だが明日は午前午後と絶対はずせない会議や打ち合わせが続き、その合間をみて作業に参加するしかない。

いよいよ盛り上がってまいりました!

| | コメント (0)

イベント準備、大詰めの2日目

9月25日(金)

今日も朝から、会議の時間以外はイベント会場に張り付いて準備していた。

…といっても、作業にはいろいろと順番というものがあり、のべつ準備しているわけではない。待ちの時間のほうがむしろ長いかもしれない。

たとえて言えば、映画とかTVドラマの撮影みたいなものか。「待つのが仕事」みたいな。もっとも、映画とかドラマに出演した経験がないのでこのたとえが合っているのかどうかわからない。

映画やドラマだと、大勢いる出演者のスケジュールを調整して、撮影全体の進行表みたいなものをあらかじめ作っておくと思うのだが、こっちはそんなものがない、というか作れないので、「できるところから始める」という最も原始的な方法をとらざるを得ない。

しかも、前回述べたように、「できているはずのもの」がまだできていなかったり、「来るべきもの」がまだ来ていなかったりするのである!

これも映画やドラマにたとえていえば、大道具や小道具がまだそろっていない、ということなのだ。

厳密に言えば、大道具のほうは、最初の段階で「セット」を組んでしまうので、あとはそこに小道具を当てはめていけばいいことになるのだが、大道具の一部がまだ納品されていないため、うかつに小道具を当てはめることもできない。「納品待ち」をしている状態なのだ。

脚本家が遅筆で、撮影に間に合うかやきもきする、みたいなことも、ドラマの世界ではあるようだが、この点も同じである。脚本が校了しなければ、それに合わせたセットも組めなくなる。いま遅れている大道具の一部というのは、まさにそれなのだ。

さらにさらに、小道具の納品もまだのところが多い。今回はイベントが始まるギリギリまで、小道具の納品を待たなければならないという「綱渡り」があらかじめ約束されている。

おそらく通常の場合は、

脚本の校了→セットの完成→小道具の納品→現場での撮影

という手順、つまり撮影の段階では脚本もセットも完成し、小道具もすべて納品されたうえで撮影にのぞまなければならないはずなのだが、今回のイベントの場合は、脚本校了に向けての作業と、小道具の五月雨式の納品と、現場での撮影が、同時進行なのである。

うん、これはかなりヤバいね。わかる人にはわかるだろうか。

とくにイベント会場の後半部分は、まったく手つかずの状態なのだが、大丈夫だろうか…?

実質の作業日は、あと5日。「半沢直樹」みたいに、「間に合いませんでした」、みたいなことにならないだろうか?

しかし、みんなどこか、楽観的である。

みんな、絶対に間に合うと信じている。僕もそうである。

いや、たんに先のことは考えないことにしているのかもしれない。

| | コメント (0)

イベントの準備、大詰めの初日

9月24日(木)

いよいよ、10月6日(火)開始のイベントの準備が始まった。

今日から1週間、朝から夕方まで、イベント会場に張り付いての作業である。

しかし、納品されているはずのものがまだ納品されていなかったり、出庫されているはずのものが出庫されていなかったりと、初日から数々のトラブルが起こる。ま、想定の範囲内である。

が、この期に及んでまだ校正が終わっていないものがあるのは、さすがに心配になる。

それに、この広い会場を、10人に満たない人数で作業するというのも、心許ない。

「ひとつひとつやっていきましょう」と、百戦錬磨の職人のSさん。

ほとんど立ちっぱなしの作業が続き、ようやく1日目が終了。

それと並行して、Twitterの文案も作成する。ツイートの文章の内容について、アカウントの管理人たちやりとりする中で、猛烈な勢いの情報交換が行われ、それはそれで勉強になる。僕も渾身のツイートをしていますので(無記名ですが)、ぜひフォローしてください。

明日もまた、朝から夕方までの作業である。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧